· 

当院の施術法

当院の腰痛施術の主たる方法は、「骨盤矯正術」です。

 

世にいう骨盤矯正の方法と当院とでは考え方、方法がまるで違います。

 

当院で行う方法は、人体への侵襲度が極めて少ない、人体として当たり前の状態までしか行わないので、老若男女、どなたでも安心して受ける事の出来る施術です。

 

腰痛治療で、骨盤矯正を主として行うのは、骨盤が整っていることが、腰痛治療の最も重要なポイントだからです。

 

痛みを感じている部分は、骨のような固い部分ではなく、筋肉のような柔らかい組織が多いですが、筋肉が張ってとか、筋肉が緊張して骨盤を歪めているわけではありません。

 

なぜなら、骨盤は重力定量器と言って、右下方要素である右四脚からと左下方要素である左脚からの荷重の量を図ってバランスし、このバランスの差をゆるみとして形状に表出してくる仕組みを持った骨格だからです。

 

仙腸関節は骨盤の後方の関節ですが、二対でテーパージョイントの形状をしているのは、そのためです。

 

筋肉が緊張して骨を引っ張って歪めているというのは、順番が逆です。

 

骨と筋肉は、テントの骨組みと天幕やロープとの関係に似ており、骨組みが歪んでそれ以上に崩れまいとすれば、天幕、ロープは絞られたり、突っ張ったりして安定させるしかなく、その状態が、筋肉の緊張やこりです。

 

ほぐせば治るというのは、筋肉のこりによる症状をその場かぎりに取ることはできても、原因にはアプローチしていませんので再発します。

 

骨は体を支えるための柱です。

 

多様な動きをするこの柱は、関節があって始めてそれ自体が動けます。筋肉は、この関節を動かすためにあるのであって、関節自体が滑らかに動か無くなれば、そこについている筋肉にはかなりの負荷がかかるのです。

 

筋肉が固くなったから関節の動きが悪いのではなく、関節の動きが悪いから筋肉に無理な力がかかり、固くなったと考えるのが自然でしょう。

 

当院はマッサージを行いませんが、腰痛で腰の筋肉が固くなった方も、骨盤矯正を主とした施術をしていくと、筋肉を揉まなくても次第に固さは無くなっていきます。

 

重力によって背骨に下方にかかる力と、地面に置いた両足からの反力とが、骨盤で拮抗して体を支えている事実がある以上、骨盤の矯正は必要不可欠です。