· 

画像診断について

腰付近から脚全全体、特に後面に痛みやシビレ、違和などの神経症状と思われる感覚があり、MRIで調べてみると、椎間板から髄核が脱出している。

 

「椎間板ヘルニアがあなたの症状の原因です」と医師は言います。

 

そして、重症な症状でなければ一旦は薬で様子を見、重症であれば手術をすすめられます。

 

でも、あなたの症状の原因が、画像に現れたものが通常の状態ではない状態だったとしても、どうしてそれが原因と言えてしまうのでしょうか?

 

そかもしれないし、そうでないかもしれないし、、、

 

もしかすると、少しで病の進行を止めようとした結果が写っているのかもしれない。

 

なのに、これが原因と言い切ってしまうことには問題がありそうなのです。

 

原因は、椎間板ヘルニアにではなく、椎間板ヘルニアを起こしてしまうほどの、何かが原因である可能性のほうがまず第一に疑われるべなのです。

 

椎間板ヘルニアの手術をしたところで、本当の原因を取り除けるとは限らないのです。

 

もちろん、場合によっては、そういうこともあります。

 

ですが、手術の前に検討すべきことがあります。

 

手術をしてしまってから、違ったでは・・・それは・・・と思うのです。

 

本当の原因、根本原因とは、椎間板ヘルニアよりももっとその奥にあるのです。

 

もっと奥にあるというのは、そうなってしまうもっと元のことという意味です。

 

それこそが、目を向けなくてはならない根本原因なのです。