· 

治る力とは、歩く力

なぜ治らないか?と悩む方が多いです。

 

答えは、本当は簡単。

 

弱いからです。

 

怒らないでくださいね。

 

そもそも、自然界の一員として、原始生活を送っていた人々は、生きるためには強くなければ猛獣に食われてしまうのであって、また病にかかって死んでしまうのであって、強いことは絶対に必要なことと認識されていました。

 

強い男は、親族を危険から守れたでしょうし、女性は強い男を頼りとして、その子を授かろうとしたことでしょう。

 

強さを身に着けることが成人の証であり、それぞれの部族では、強さの証として、苦痛を伴う色んな儀式がありました。

 

強さは、まさに苦難、苦痛に耐え、守るべきを守り、手に入れるものを手に入れるために必要な肉体的、精神的に発達した力のことです。

 

この力は、じっとしていても身につくものではないです。

 

苦難、苦痛に立ち向かっていくことで、その経験の分だけ強くなれるのです。

 

治るといったことも同じなんです。

 

強さの中に、治るということが含まれているのです。

 

弱いと治る力も弱いです。

 

強いと治る力も強いです。

 

なぜ、治らないかは弱いからなんです。

 

しかし、治るために、どの程度の強さが必要なのでしょうか?

 

それは、決して大男を倒すなど腕っぷしが強いことを意味しません。

 

ヒトとして当たり前の強さを持っていれば、十分なのです。

 

この点において、人は一昔前と思うと弱くなりました。

 

一昔前は、移動手段は自前の足しかなかったので、良く歩きました。

 

今は、乗り物が何でもありますから、人が本当に歩かなくなりました。

 

文化と引き換えに、私たちは、強さを無くしてしまった。

 

これでは、治る力も衰えてしまいます。

 

健康な時は、健康でありことを意識することはありません。

 

ですが、病気になったとき、健康を取り戻したいと思います。

 

健康は私たちの体の中に、当たり前にあるわけではありません。

 

健康は努力していないと、どこかに行ってしまうことがあるのです。

 

文化はありがたいことですけど、そこでいい気になってしまって、大切な自らの力で動くということをしなくなってしまうと、健康を保つだけの

 

強さというものを失っていくのではないでしょうか。

 

新型コロナウィルスが、今私たちの社会を壊そうとしています。

 

感染拡大防止のために、在宅を余儀なくされています。

 

しかし、それだけでは、私たちは、当たり前に持っていなくてはならない力、立ち上がり動いていくという生存するための力が養えません。

 

人との距離を保って、感染拡大防止を図りながら、やっぱり私たちは、動かないと、免疫そのものも弱くなってしまって、いざ感染したときに、

 

病に打ち勝つことができません。

 

免疫力、体力とは、どんな行動で維持できるのでしょうか?

 

私は、歩くことに尽きると思います。