· 

アイシングしましょうよ。

ほぼ確実に、世間では冷やすと良くないよ、温かくしてね。って言われると思います。

私もそう思っていました。昔は。

でも、温めることが治すことになるかというと、これは別なんです。

温めることは、癒す事なんです。

癒している場合でないというのが、治す世界です。

特に、癒す行為が、逆に治らなくする行為と分かれば、私は猛反対しますよ。

癒す行為が、ただ癒すのであれば、まだしも。

 

温めて得することは、温めている間は、感覚低下が起こるので、楽です。

温めて損することは、熱害の可能性です。

 

温める方法を温熱法と言います。冷やす方法は、アイシングまた冷却法ですね。

 

私たちの身体を考えてみましょう。

体温を維持しなければ生きていられません。酵素は37℃近傍で、最も活性化します。

体温という熱は必要ですよね!でも、さすがに38度以上は発熱です。誰が見ても、病人です。

私たちの身体はタンパクで出来ています。タンパクは熱で固まってしまいます。

温めれば良いって訳でもなさそうですね。

 

一方、アイシングは、どうして皆さんにおすすめかと言うと、0℃である限り、無害なんです。

最初冷たいという精神的苦痛があるかもしれませんが、やってみると分かりますが、ただの慣れです。

アイシング後、体が楽になります。

 

温める方は、温めている間に、どんどん具合が悪くなるか、楽になるかです。

温め終わった後はしばらく余韻はありますが、その後に楽はありません。

 

アイシングの方は、冷やしている間に、冷たいという感覚が続くか、楽になるかです。

アイシングし終わった後は、具合が良くなります。患部は、熱害が取れて、タンパク質は固まらずに済みます。コラーゲンも溶けださなくて済みます。炎症も鎮まります。病気の活性化も鎮めることができるかもしれません。

 

どう考えてても、軍配はアイシングなのですが、温熱する人が多いのですよ。

 

でも、さすがに、ほんとに困ったら、しばらく温めるのは中止して、アイシングしてくださいね。

 

ちなみに、冷シップは、冷感シップですので、熱取りできませんから、くれぐれもご注意を。

 

ではでは、また。