· 

改善する治療とそうでない治療

治療に通って改善するかしないかは、人の体を理解できているか否かで分かれます。

 

人の体をもし、物と同じように勘違いしてしまうと、治療は上手くいきません。

 

治療は、治療用の道具、機械、手などを用いて行いますが、これらを作用させる相手は紛れもなく生物である人です。

 

決して物ではありません。

 

例えば、物というのは押せば凹み、引っ張れば飛び出したりして力を加えた方向に変形します。物を治すのであれば、車の修理と同じように板金が凹んだら引っ張り出して成型するし、飛び出せば押し込んで成型します。

 

ところが生物はそうとは限りません。むしろ反対の挙動(動き)をします。

 

押せば押し返し、引っ張れば引っ張り返してきます。

 

このような生物の反応を抗Aと言いますが、治療が上手くいく場合は全て抗Aに従っており、物と同じ扱いで治療を行う場合は治療が上手くいきません。

 

抗Aを予測して押す、抗Aを予測して引っ張るのであれば、治療は上手くいきます。

 

ところで、治療は治療家だけが行うものではありません。必ず患者さん自身も日ごろからセルフケアすべきであり、よくストレッチなどを治療家は指導します。

 

これが非常に難しいのは、抗Aの原理が治療家には理解できても患者さんには大変難しいことです。

 

したがって、固くなっているから引っ張って伸ばしましょうなどの指導をしてしまうと、引っ張られることに抵抗している身体を無理に引っ張ってしまうので、引き延ばしという損傷を起こしてしまいます。そのような損傷が一晩眠ることで治癒することがあったとしても、習慣にしてしまうと最後には予期せぬ障害になってしまいます。ストレッチ障害というのは実際にあることです。

 

抗Aをもし上手く取り入れて治療に応用すれば、負荷をかけることによって負荷に打ち勝つ力を養うことができてしまいます。

 

このことが治療においては最重要です。

 

なぜなら、治療は足りない力を取り戻すことだからです。

 

痛みは、ある意味弱くなってしまった体が負荷に耐えず損傷に至ったために起こっていることですから、弱くなったからだを強くすることが二度目の損傷を起こさないための方策です。

 

どれぐらいの負荷を与えることが治癒を促進するのかは、治療家が患者さんそれぞれに個別で捉えていなければ話になりません。

 

しかし、治療がマニュアル化してきてしまうと、こうした当たり前のことが分からなくなってしまう怖さがあります。現にそのような医療が横行していることが遺憾でなりません。

 

当院は、この考えを独自の方法で徹底した治療法を行っております。

 

独自の方法が必要だったのは、そうしないと抗Aはどうしても治療家の頭から忘れ去られ、忘れ去られた状態で治療がマニュアル化されていくものだからです。

 

治療は安全に行うことで、スピーディー解決していきます。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし