· 

花粉症対策

花粉症は、今や、かからない方が、珍しいぐらいの現代病です。

 

花粉症にかからないためには、非特異性免疫グロブリンE、という抗体がなくてはいけないそうですが、昔の人は、寄生虫が体に入り込んだために、この抗体を持つことができていたそうです。

 

さすがに、寄生虫を体に飼うわけにはいきませんので、私たちは別の方法で、この抗体を手に入れる必要があります。

 

それが、「酪酸菌」という善玉の腸内細菌の摂取です。

 

麴による発酵食品は、酪酸菌を腸内に取り込む有効な方法です。

 

発酵食品というと、ヨーグルトをすぐ思いつくかもしれませんが、日本の食文化には、先人が残してくれた知恵が、いっぱいあります。

 

また、花粉症はアレルギー反応ですから、この反応を鎮まらせれるのも有益です。

 

反応は、冷やせば、しずまります。

 

眼がつらいのであれば、光のエネルギーを、サングラス(目に対して)でカットしたり、冷たく冷やしたタオルをあててあげるといいと思います。

 

本日も、当院のブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。