· 

タンパク質で出来ているから、冷やしましょう

痛いのが続くというのは、本当に辛いものですよね。

 

皆様は、痛いところを昔からよく温めて何とかしようとしてこられたと思います。お風呂に入ると何とか楽になったりしてましたよね。

 

私もかつてはそういうものだと思っていました。

 

しかし、ねぜか、改善ということが起こらない!なぜなんだ・・・と気を病んでおられませんか?

 

と言いますのが、この温めるという方法がいい時と悪いときとがあるのをご存知でしょうか?

 

これは、温めることによって痛みの起こる深い深いところに溜まっている熱が、さらに熱を帯びてしまうことで温めると余計に調子が悪いということが起きるからです。

 

私たちの体はたんぱく質でできていますので、たんぱく質が熱で傷んでしまい、この痛んでいく過程で炎症が起きます。

 

タンパク質は、たかだか40数度を越えたところから、固まっていく性質があるために、通常私たちの体では、体液や血流が熱を拾ってあげて40数度を超えないようになっているのですが、何らかの関係で部分的な熱のうっ滞が起こり、それを体液や血流が拾うのに間に合わないと、うつ熱という状態が起こってしまうのです。

 

このうつ熱した状態は、温泉卵がボイルの必要なくゆでたまごになるのと同じで、私たちのたんぱく質を簡単に固めてしまうのです。この状態を「凝固変性」と言いますが、こうなってしまいますと、痛いどころかやけどと同じようなものなので、大変なことになってしまうわけです。

 

当院では、痛みを感じる場所は全てコオリで冷やす方法をおすすめしていますが、中には心理的に受け入れられないと感じる方もいらっしゃいます。

 

そこで、温めるべきか、冷やすべきかと判断に迷う場合、温めても被害が少ないやり方があります。

 

それは、蒸しタオルを使う方法です。

 

これなら、気化という物理現象が起こって、温感を感じながら実は熱を取っているという状態が起こります。

 

ただし、アイシングで起こる効果的なことは、やはり蒸しタオルを使った気化では起こせません。あくまでも、温感を感じながら温泉卵にしてしまわないという程度です。慰安的効果はあるでしょうけど。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし