· 

あるダイエット患者様のお話

以前、あるダイエット患者様をみさせて頂く機会がありました。

 

その患者様は、見た目に全くふくよかでなく、むしろ激やせなのになぜダイエットが必要なのかとお聞きしました。

 

お聞きしながら手を見てピンと来るものがあったのですが、私はあえてお聞きしてみました。

 

すると、私が右手の甲の傷から推測した通り、その方は拒食症でした。

 

拒食症は、過食を解決しようと暴飲暴食した直後にトイレなどで口に指などを入れ食べたものを全て吐き出す行為によって食を拒否します。

 

改善のためには心理カウンセラーの手助けが必要だと思いますが、その方は私のところで治したいとおっしゃったのです。

 

そのことも私は彼女に質問しましたが、精神病のように扱われるのが嫌だったからと言っておられました。

 

本当は、精神病のように扱われるのではなく、自分が精神病のように思えてしまうからと言った意味ではないかと私は思いました。

 

つまり、彼女はその悪習以外には至って普通の健康的な女性だったのです。

 

この悪習は、暴飲暴食してしまう事への罪悪感が病的であるがゆえに、そうした行為を繰り返してしまいます。

 

なので私にできることは、暴飲暴食を止めるお手伝いか、病的な罪悪感を普通レベルの罪悪感に戻すためのお手伝いしかありません。

 

暴飲暴食をなぜするのかお聞きすると、会社でのストレスが大きいのだそうです。

 

以前よりスタイルがいいことが彼女の自慢だったそうです。

 

そして、そのスタイルの良さで周りの人から憧れられる存在だったそうです。

 

ご自分では特に食べることに気を付けなくても太らない体質だったのが、30代に入ってから食べ過ぎると体重増加するようになったそうです。

 

この時から食べ過ぎないように気をつけるようになったものの丁度そのころから、会社での人間関係や仕事量に悩むようになったのそうです。

 

もともと食べることが大好きだった彼女が、追い詰められた心理状況を食べまくることでの解消を思いつくことは簡単でした。

 

指を入れて吐き出すときの大変さだけ我慢すれば、どれだけ食べても太らないはずと思ってやってみたのだそうです。

 

以外に簡単に出来たし、これはいい方法だとも・・・

 

しかし、誤った行動、すぐに止めようと思っていたそうです。

 

しかし、会社でのストレスは続き、過食は止められなくなってしまったということでした。

 

私は、そんな彼女に、過食は止める必要がないことを言いました。

 

問題は、過食よりもそれを反省ではなく習慣のように吐いて問題解決しようとする習慣にあるはずだからです。

 

過食するのは当たり前です。

 

拒食するから、身体が飢餓状態における食への過剰な欲求が起こるはずです。

 

過食が問題ではなく、拒食によって自分が自分に課す飢餓状態が問題だと思いました。

 

そこで、過食したらその後は一食抜くことを提案しました。

 

それは、一日一食主義を徹底して抜群のスタイル、若さ、健康を自ら実践し世に推奨していられる形成外科の南雲先生のことを

知っていたからです。

 

戦時中は食糧にありつけず、全く食べるものがないまま何日も過ごすことなんてざらだったのですから、一日一食、それもどれだけ食べても良いなんて、当時からすれば贅沢な話ではありませんか。

 

ストレスで夜食べ過ぎたのなら、翌朝の朝食は抜きましょう。なんなら昼も抜いちゃいましょう。夜はお楽しみの食事会です!

 

そうして、今の悪習による負のスパイラルから、一旦脱出しましょう、と申し上げました。

 

3週間後、彼女は体重増加することなく、一日一食主義の生活を楽しめるようになりました。

 

しばらく、その状態を続けて頂き、半年後には一日3食の通常の生活に、過食拒食することなく戻っておられました。

 

ストレスレベルは相変わらず高値のまま・・・

 

それでも彼女は、特にジムなどに通ったりすることなく、以前のような人から憧れられるスタイルを保っておられました。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし