· 

メリークリスマス

皆さま、今日はクリスマスイブですね。

街は、キレイな電飾でキラキラしてますね。

私も、皆様や家族とこの時を、ウキウキした気持ちで共有したいと思います^^

 

そして、暮れから新年にかけて、店頭で立ちっぱなしの販売員さんは、本当にご苦労様です。

医療機関や介護の現場でも、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様です。

 

そんな足が棒になっていそうな天使様たちに、足の回復についての、ちょっとした知識と対策をお伝えしたいと思います。

 

まず、なぜ立ちっぱなしだとつらくなるか?ですが、これは、立っている状態がいけないのではなくて、原因が他にあります。

立っているとき辛いから、立っているときに原因がある、と思ってしまいますよね。

つまり、立ちっぱなしが原因だと。

 

しかし、立ちっぱなしで大丈夫な人が、周りにいませんか?

 

立ちっぱなしで大丈夫な人と、大丈夫でない人がいる。

 

ほとんどの原因は骨盤です。

 

骨盤は足の延長線にあり、体重を支える最大の箇所です。

 

骨盤は座っているとき、ヘナっと、悪い言葉で言えば、だらしなく座っていると、しかもその時間が長く続くと、あるいは椅子の形状のせいで、どうしてもそのような座り方を強制されてしまうと、問題を起こしてきます。

 

平らな、水平の座面で、足の裏全面で平均的に足をつき、腰をしっかり立てていないと、骨盤は、どんどん開いていってしまいます。閉じて初めて骨盤は強くいられるのに、開きっぱなしになってしまう。

 

この状態のまま立ちますと、長時間の立ち仕事では、持たなくなってしまいます。

 

仕事で疲れて帰ってきますと、家事も疎かに寝転がってしまいますよね。

これも骨盤を歪めてしまいます。

横寝で肘をつきテレビを見る、というやつです。

 

上を向いて寝ていればよいか。横寝よりマシですが、骨盤に縦の荷重がかかりませんから、やはりこれも就寝時以外では、ほどほどにしたいところ。

 

結局のところ、立ち仕事であっても、仕事以外の時間帯で、だらっとし過ぎないほうがいい。

 

座っているときの条件は大変難しいので、長い時間座っていないほうがよい。

 

仕事帰りは、駅まで車で迎えにきてもらうのでなく、自宅まで少し歩いて、骨盤を調整しておいたほうがいい、ということです。

 

お風呂に、ゆっくり浸かって疲れをとろう、とされる人が多いと思いますが、湯船に浸かっている間の骨盤や脊柱は、最悪の格好にならざるを得ないです。

すると、湯船に浸かる時間は、5分までと決めておくほうがよいということです。

 

5分では寒いというのであれば、5分で出られる湯温が必要です。

 

温いお湯に長く浸かって、代謝を上げようとされている方も、美容との関係で結構おられると思いますが、体の調子が悪いという方にときどき出会います。

 

あなたはどちら?

 

お忙しいあなたに、メリークリスマス。

 

本日も、当院のブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。