体の密度について

私たちの体は外の世界より密度が高いです。この密度を閉じ込めているのが皮膚であり粘膜なのですが、単純に皮膚と粘膜だけで密度を閉じ込めているのは大変難しいと考えられます。中心に向かって集まっている力が働いていることが考えられます。このことを内に向かって包まれている力と書いて「内包力」と言いますが、この力が働いていないと、体は膨張してしまうはずです。骨組みや筋肉を注意深く観察しますと、この内包力が上手く起こるような形状をしていることが分かるのですが、更に言うと、骨組みや筋肉が内包力を最大に発揮しているときは歩いているときだと予想されます。そしてそうでないとき、内包力は働きにくくなり、一定の、そして空気よりも高い密度である私たちの体は、空気を押しやる状態、つまり膨張した状態になると考えられます。体内の密度が低下しますので、体内における化学反応のスピードが低下します。これは正常な生命活動を行いにくくさせてしまうため、健康上の色んな弊害を来してくることが十分予測されます。

実際には、そこのところは、人の体は上手く出来ているのですが、それにしても、日常生活の習慣として、内包力が働きにくい状態ばかり続けているとそのうち大きな問題を起こしてしまうのは当然と考えるべきです。

最たるものは、寝てばかりいる状態と言わざるを得ません。腰掛けているばかりもそうです。立ち上がって歩くことがとても重要です。生命活動の健全のためにです。なにせ、体の中の化学反応への影響ですからたいへん重要な話なのです。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし