産後骨盤

お産後、ホルモンの関係で6ヶ月は全身がゆるみ続けます。

 

ゆるむというのは、骨と骨がつながる関節部分がゆるむということですが、このゆるむという現象は関節の合わさりが悪くなることを意味し、そのために関節周辺の筋が痛くなったり、炎症を起こすことがよくあります。

 

産後母体症候群は、仙腸関節という人体最大の支持関節のゆるみが大きく、健康状態を極めて悪くしてしまう怖い病気です。その他にも首のゆるみは自律神経を悪くし、精神的に不安定な状態を作ってしまうため、うつむく動作(首を極端にゆるませてしまう)には十分な注意が必要です。

 

したがって、7週間の間は、腰かける際は平らな座面に薄い座布団を敷いて腰かけるなどし、床では正座がおすすめです。これらの座り方は、骨盤をゆるめないからです。

 

また、シャワーで髪を洗うときは、なるべくうつむかずにまっすぐ前を向いて洗ってください。

 

できれば、骨盤をゆるませないよう晒(さらし)で骨盤を固定した方がよいです。コルセットは上手く骨盤を固定できないのでおすすめできません。

 

骨盤が落ち着いてきたら、少しずつ歩行をしなければ骨盤は良くなりません。なぜなら骨盤の関節である仙腸関節は、私たちの歩行動作を作っている非常に重要な動きをするところだからです。

 

産後骨盤の調整は、ゆるんだ仙腸関節を整復して、仙腸関節の誤った位置関係を正します。仙腸関節の位置関係が正されると、関節内で「潤滑状態」が復帰し、万病のもととなる可能性のある骨盤を健康状態に戻ります。

 

当院では、独特の検査法によって骨盤の位置関係を精密に把握し、痛くないやさしい方法で正確に仙腸関節を正します。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし