· 

自律神経について

自律神経は、脳と脊髄から起こっている神経です。

 

なので、脳がやっていることと脊髄がやっていることが自律神経を通じて体に現れてきます。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経のことを言います。このうち交感神経は、呼吸や心臓にかかわる中脳というところに根っこがあり、そのため呼吸数や心拍数に関わります。

 

お腹の内臓を動かしているのは副交感神経で、脳より位置的に近い脊髄に神経の根っこがあります。

 

自律神経は、脳の意思を内臓に反映させるために存在しておるのです。

 

そのために、脳から生えているのであり、脳からつながる脊髄から生えているのです。

 

交感神経と副交感神経とはお互いに反対の働きをします。脳は、反対の働きをする神経で内臓を動かしているのです。

 

このことは、からだの働きを考える上で、「バランス」という言葉を深い意味をもつ言葉に持ち上げるきっかけになりました。

 

「自律神経のバランス」と言ったときがそうです。

 

交感神経は、逃走や攻撃する場面において最も活性する神経です。興奮的な神経でハイテンションです。

 

これに対して副交感神経は、落ち着いてゆったりしている状態を作り出す神経です。

 

もしも敵が襲ってきて逃げる場面で、副交感神経が強く働いてしまったら、まったりしてしまって逃げられません。

 

夜寝ようと思ったら交感神経が強く働いてしまったら、心臓がばくばく、眼が冴えまくってしまい朝まで眠れなくなってしまいます。

 

逃げるとか心臓がばくばくと言ったことは、日常生活では多くあることではありません。

 

寝ている時は副交感神経が安らかな睡眠をもたらしてくれ、起きているときは交感神経が私たちのからだを活動的にしてくれています。

 

交感神経の働きをキーワードで表すと、「目見開く・血管収縮・唾液出さない・涙出さない・喉からから・胃液腸液出さない・内臓動かさない・気管開く・心拍旺盛・血圧上げる・汗出す・肌きゅっと締める・興奮する・アドレナリン・・・と言った感じです。

 

副交感神経は、「目とろりとして瞳孔小さくする・血管開いてとろとろ流れる・涙で潤う・唾液出す・胃液腸液出す・内臓よく動く・おしっこ便出す・眠くなる・・・・と言った感じです。

 

人が起きている時は交感神経が優位に働いていて、寝ている時は副交感神経が優位に働くイメージもお分かりだと思います。

 

私たちの体は、その時の状況によって交感神経優位か副交感神経優位かを上手くコントロールしているのです。

 

このような自律神経の働きがおかしくなるという場合があります。

 

私たちは何十年と生きて自分、家族、他の人々を見てきており大方、「普通」「一般的」な人の印象をだいたい把握しています。

 

もし自律神経の働きがおかしい場合には、本人が、家族が、知り合いが、あれって思う可能性があるわけです。

 

しかし、現代は人の個性も極めて多様化してしまいましたので、見過ごされる場合もよくあります。

 

自律神経が乱れた場合、本人にとっては大変つらいです。

 

本来ある体内環境がおかしくなったことに対する不安、不安が周囲の人に理解されないことでおこるさらなる不安やイライラ。

 

ストレスの一言で済まされてしまう傾向があり、安定剤を服用し続けることが現状になってしまっています。

 

ここでストレスへの正しい理解が必要になります。

 

ストレスは現代社会に生きる以上、避けて通ることはできません。

 

大きすぎるストレスは考えなければなりませんが、ストレスの受け皿がストレスをためても溢れない状態にしてなくては解決しません。

 

ストレスを受けたとき、それを受ける受け皿とは、脳の受け皿です。

 

脳は様々な仕事をしています。

 

それらの活動によって出た廃棄物は全部この受けざらに溜められます。

 

なので、自律神経由来で発生した廃棄物が受け皿に入るだけの余裕があればいいのですが、ほかの廃棄物で一杯だと、自律神経の分はあふれ出してしまうわけです。

 

ほかの廃棄物を発生させないか、効率よく受け皿から体外に廃棄することが必要です。

 

それをどうやってやろうかということが、自律神経の受け皿を余裕のある状態にするために考えられなければならないことです。

 

これが自律神経失調症への対策となります。

 

脳は、様々な仕事をしています。

 

なので、その仕事の効率を上げてあげることが、自律神経への直接的な対策となります。

 

なので、自律神経失調症を考える事は、脳の仕事の効率化を考える事とイコールです。

 

脳が一番フル活動するのはどんな場面か、脳の活動の中で最も脳に負荷がかかるのはどんな活動かということを考えるこtが重要です。

 

そして、先ほど、自律神経は反対どうしの仕事をする2つの神経がバランスしながら上手く働いていると言いましたが、自律神経の他にも、脳はあらゆるバランス取りにものすごく負荷がかかります。

 

身体そのもののバランス取りです。

 

自律神経のバランスどころではありません。物凄い負荷が生じるのです。

 

身体そのもののバランスとりに生じた負荷で発生する廃棄物を多く生じないために、からだのバランスは凄く凄く重要なのです。

 

ここが、脳の受け皿に自律神経の領域を作ってあげることのできる唯一の方法です。

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし