· 

尾てい骨の近くには婦人科系の環境がある

尾てい骨についてシリーズでお伝えしています。

 

今回は第3弾。

 

尾てい骨周辺には婦人科系の環境がある!です。

 

婦人科系の疾患を持つ方たちによくお話をお聞きしていますと、昔尻もちをついてしばらくお尻が痛かった覚えがあると言われる方が意外に多いです。

 

尾てい骨は、骨盤の中心軸を作ることに関係しているため、尾てい骨を打ち付けることで骨盤内環境の中心がずれてしまうことが考えられます。

 

尾てい骨はどういう解剖学的位置にあるかと言うと、会陰部という領域にあります。この会陰部は前方に恥骨、後方に尾てい骨があってその間を靭帯がつないでいます。

 

この靭帯中ほどに肛門があり、肛門中心に表から奥に渦をまいているような構造です。

 

前後に恥骨と尾てい骨、両サイドに坐骨のひし形の骨格があり、ひし形の中心に肛門が靭帯で固定されている。

 

その肛門が中心となって、奥まで渦を巻きながら続いていくのが構造です。

 

この構造が尾てい骨がずれることでおかしくなってしまい、渦がまともな渦でなくなってしまうのです。

 

一見、肛門とそこから続く直腸、結腸だけの問題に思うかもしれませんが、婦人科領域はこの直腸、結腸と壁同士でくっついていますから、影響力は絶大なんです。

 

なので尾てい骨は人の健康にとってとても重要なんです。

 

尾てい骨は、当院ではテープによる調整を行っています。

 

また、尾てい骨が仙骨からぶら下がっている以上、仙骨と腸骨、つまり仙腸関節の状態がどうなのかをしっかり調べて、適切な処置をするべきであることは言うまでもありません。

 

仙腸関節がいわゆる骨盤調整のターゲットの場所であることは、以前のブログに記した通りです。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし