尾てい骨の傷害

過去に尾てい骨をぶつけて痛い思いをし、しばらくお尻が痛い期間があってもそれが打撲というイメージ以上のことを想像できる人というのはほとんどいません。

 

せいぜい骨折やヒビといった心配ぐらいに留まります。

 

病院ではレントゲンを撮ってみるものの、仙骨と尾てい骨との微妙な関節角度まで読み切れませんし、

ましてや尾てい骨と脊髄の袋の先端がつながっていて、脊髄環境に対して影響があるということの連想がありません。

 

打撲の痛みは湿布を貼ったりしながらやり過ごしていき、1カ月もすると痛みが引いて忘れてしまいます。

 

しかし、尻もちによる尾てい骨の打撲をきっかけに歩行や身体の使い方に影響が起こって徐々に訳のわからない腰痛や肩こりが起こっていったり、頭痛が起こったり頭がボーとしたり鼻づまりが起こるようになったり、耳鳴りだったり、原因不明の症状が出始めることはよくあります。

 

原因が分からず、症状に合わせた科に受診しても、原因はやはり分からず腰痛持ち、肩こり体質、頭痛もち、蓄膿症、慢性の耳鳴りと言った持病として諦められてしまいます。

 

このような、原因不明の症状と納得させられてしまい悩まれる方は、潜在的に多くおられると思います。

 

先ほど、尾てい骨は脊髄の入っている袋とつながっていると書きました。

 

その意味は、脊髄終糸と言う部分で尾てい骨と脊髄の袋とがつながり、尾てい骨は脊髄終糸を通して脊髄の袋を上下に揺さぶっているのです。

 

この揺さぶりが、腰から脳までの間で循環している脳脊髄液という脳と脊髄の生命や働きに関わる循環液の流れに大きな役割を持っています。

 

なので、尾てい骨が仙骨に対してきちっと関節されているようにできているのですが、これがグラグラして安定した関節の動きではないものになってしまうと、脊髄の袋を上手く揺さぶれず、脳脊髄液の流れがおかしくなってしまいます。

 

もし、車のハンドルがガタガタ揺れたら、車のハンドル操作は上手くいけませんよね。

 

上手い行かなくて事故を起こしてしまいます。

 

尾てい骨がハンドル、車の駆動機関全体が脊髄を包む袋。尾てい骨が正しく動いて、脊髄の袋を揺らし、それによって脊髄液の循環が起こり・・・って感じです。

 

赤ちゃんがお母さんのおなかの中で羊水に浸かっていますが、脳と脊髄も縦長の袋の中で循環液に浸かっているのです。

 

この循環液の流れに影響を及ぼしてしまう尾てい骨のアクシデントは見過ごされるべきではありません。

 

ですが、これが一般に見過ごされているから、大変残念です。

 

尾てい骨の処置はテープ法で行い、日常生活指導をしながら改善が可能です。

 

特に腰掛け方への指導は大変重要なポイントとなります。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし