· 

筋力強化は何のためにしてるの?

宇宙飛行士が地球に帰還後、相当な時間をかけて、地球の重力環境に耐えられるようリハビリを受ける話は有名です。

 

どれだけ宇宙船打ち上げに向けてトレーニングをしても、期間後はやっぱり地球の大きな重力には耐えれない体で戻ってくるのです。

 

宇宙飛行士でなくとも、例えば入院などで何週間もベッドに寝かされたままの状態が続くと私たちの体は筋力が低下し、寝ていない状態での活動がいかに私たちの筋力を作っているかが分かります。

 

当たり前に朝起床し、洗面台へ行き、朝食のテーブルに移動し、朝が始まり、一日活動をし、夜が来たら床につきます。

 

当たり前すぎる故に、その中に含まれる重要なポイントに気付かれませんが、一日の中でその3分の2を重力に抵抗しながら過ごしているのです。

 

重力に抵抗するのに筋力を絶えず使用しています。

 

これは、特段筋力をつけようとして作り上げた筋肉ではなくて、重力に逆らって動いている中で形成された筋肉です。

 

生活の中で、体は色んな体位でバランスして活動します。負荷がかかる場面においては、負荷に耐えようとして筋肉の肥厚が必要とされればそれに応じた体づくりをします。

 

しかし、その意味は、意味のない筋肉のつけかたではなく、必要な筋肉のつけかたです。

 

体勢が不安定であれば、そのまま体勢が崩れて折れ曲がってもクッションとなる筋肉があって守られる必要があればそういう筋肉ができるのです。

 

そういう生活の場における筋肉が無いことへの対策が、直ちにジムマシーンによる筋肉づくりというのは、いささか奇妙な話で合って、本当の対策として、生活の中で何が欠如しているからあるべき生活のありかたを取り戻すことというのがすっ飛んでしまっていることに気付く必要があります。

 

目的は、欠落している要素に対する対策であるはずが、違う要素づくり、目的が異なる筋肉づくりをしてしまうがために、いくら筋肉を作ったところで最初の問題である機能の回復という目的を果たせないことになってしまいます。

 

それどころか、回復に必要な関節や骨に無理なストレスをどんどんかけて却って問題が悪化してしまたり、あるいはもともとの筋肉そのものの損傷にまで及んでしまいます。

 

格闘家とボディービルダーの体は似ているかもしれませんが、格闘家は格闘技ができる体を持ち合わせており、ボディービルダーには格闘技はできません。

 

逆にビィルドアップされていないような格闘家であっても、格闘技に長けた体を持ち合わせている場合だってあるわけです。

 

目的を生活の中に見つけなければならない場面で、そこを飛ばしてただ筋肉づくりにだけ意識がいってしまうのは、結果的に何も生まれないことになってしまいます。

 

重力に抗してあるべき人として当たり前の活動をしていく中で、本来の筋力を取り戻すことが最重要であると考えます。

 

医療における筋力の強化では、筋力低下ということがこのような性質を持っている以上、筋肉だけを見て言うのではなく何がその人にとって欠落しているのかを判断するのに、膨大な専門の知識と観察眼を必要とします。

 

やり方を誤らずに対処していけば、治癒は向こうからやってきます。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし