· 

腱鞘炎の原因の原因

手首に腱鞘炎が起こったという場合、よく原因は手首の酷使と診断されます。

 

しかし、患者様からすれば酷使した覚えはないし、酷使しても腱鞘炎を経験したことのない人はいっぱいいるし、しまいにはお医者さんから50代なのに老化現象とまで言われてしまう始末。

 

腱鞘炎は、腱鞘という筒状のトンネル(さや)の中を腱という分厚いひもが行ったり来たりするときに摩擦で炎症を起こすとされるものです。

 

さやの中をひもが行ったり来たりが正常に行われていれば悪くはならないのですが、さやがおかしければ中を通る腱との間で摩擦が生じ、熱を帯びて炎症を起こします。

 

さやがおかしいとは、どうおかしいかを考えれば、そもそもさやは骨の上に乗っかっているわけなので、土台の骨がおかしければさやもおかしくなるわけです。

 

ほねがおかしいとは、骨自体の形状は一定なので、骨と骨のつなぎ目、つまり関節がおかしいということしかありません。

 

しかしこの関節は痛いところの直接下にあるとは限りません。

 

すこし離れたところにあって、そこの影響で炎症箇所の土台がおかしいということになります。

 

この場合、問題発生は炎症箇所と同時に少し離れた場所の関節に問題発生しているということになります。

 

そしてさらに、少し離れた場所にある関節に問題発生するのは何故かを考えなければなりません。

 

骨の延長をたどり、肘の関節がおかしいと連鎖するかなとか、肩の関節がおかしいと連鎖するかなとか、首が、、、背骨が、、、腰が、、、ってたどります。

 

こうしてたどっていってそれぞれの関節の正常の動きと異常の動きを見比べて、手首の腱鞘炎を起こす人を集めてデータをとると特徴のようなものが出るんです。

 

あとはその連鎖の関係が何ゆえに起こるかを考えるときにヒトの体のことが本当に理解されているのかどうかが問われます。

 

腱鞘炎が起こる理由は、単純に酷使ではありません。

 

もっと他の理由が潜んでいます。

 

その理由が分かれば、改善策も出てきますし、予防策も講じられます。

 

でないと、注射、手術と言った方法か、湿布にサポーターってことになってしまいます。

 

原因の原因、そのまた原因と深堀りできる力が施術側に必要で、それがないと腱鞘炎は長期化してしまいます。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし