· 

腱鞘炎の原因の原因

手首に腱鞘炎が起こったという場合、よく原因は、手首の酷使と診断されます。

 

しかし、患者様からすれば、酷使した覚えはないし、酷使しても、腱鞘炎を経験したことのない人はいっぱいいるし、しまいにはお医者さんから、50代なのに老化現象とまで、言われてしまう始末。

 

腱鞘炎は、腱鞘という筒状のトンネル(さや)の中を、腱という分厚いひもが行ったり来たりするときに、摩擦で炎症を起こすとされるものです。

 

さやの中をひもが行ったり来たりが、正常に行われていれば悪くはならないのですが、さやがおかしければ、中を通る腱との間で摩擦が生じ、熱を帯びて炎症を起こします。

 

そもそも、さやは骨の上に乗っかっているので、土台の骨がおかしければ、さやもおかしくなるわけです。

 

骨がおかしいとは、骨自体の形は変わらないので、骨と骨のつなぎ目である、関節がおかしいということです。

 

しかし、この関節は、痛いところの直接下にあるとは限りません。

 

すこし離れたところにあって、そこの影響で、炎症箇所の土台がおかしくなることが、よくあります。

 

この場合、問題発生は、炎症箇所と同時に、少し離れた場所の関節に、問題発生しているのです。

 

まずは、少し離れた場所にある関節に、問題発生するのは何故かを考えなければなりません。

 

骨の延長をたどり、肘の関節、肩の関節、首、背骨、腰と連鎖する関節を見ていきます。

 

このようにたどっていって、それぞれの関節の、異常の動きを調べていって、手首の腱鞘炎を起こす人のデータを集めていくと、特徴が浮かび上がってきます。

 

腱鞘炎が起こる理由は、単純に、酷使ではありません。

 

他の理由が潜んでいます。

 

その理由が分かれば、改善策も出てきますし、予防策も講じられます。

 

潜んでいる原因を発見できなければ、手術ということになってしまいます。

 

原因の原因、そのまた原因と、深堀りしていくことが、重要です。

 

本日も、当院のブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。