· 

痛める原因と対策

痛みを解消するためには、痛みの出ている場所がある意味壊れているという発想をするとよいです。

 

壊れているというのは、潰れてしまってバラバラといったことではありません。

 

どちらかというとちょっと壊れていると言った程度です。

 

クルマでも、調理器具でも、最初はちょっとの壊れ方であっても、繰り返し使用しているうちについには大きく壊れてしまいますよね。

 

どちらもそっと置いておけばそのままですが、動かしていくとなると大きく壊れてしまいます。

 

人は動いていますから同じことが言えます。

 

自動的に修復する機能がありますから、破損すれば寝ている間に修復してしまいますが、ちょっと壊れる状態が絶えず起これば、修復が追い付かなくなってしまいます。

 

このちょっと壊れることがなぜ繰り返されるかを考えれば、対策が取れそうです。

 

たとえば、お父さん方がよくやってしまうゴルフ肘。

 

肘の痛みがいつまでも引きません。

 

スイングするわけですから腕には当然、「遠心力」という力が働きます。

 

プロゴルファーは当然練習もし、ツアーにも出場し、年間何本のスイングの動作をしているか分かりませんが、肘を壊しません。

 

お父さんとプロゴルファーの違いは、明らかに動作の違いです。

 

壊さない動作=上手く行う動作ですね。

 

ゴルフ肘のお父さんは上手い動作を習得するしかありませんが、何もしていないのに痛くなるというのは、ゴルフという特別な動きでなく、もっと「基本的な動き」がおかしいことを意味します。

 

そして、日常でそれが繰り返されるから壊れてしまうのです。

 

「基本的な動き」ってどんな動きかと考えてみましょう。

 

日常生活で当たり前にしていることですから、食う、寝る、動くってことでしょうね。

 

これに息をする、排便をするが加わってもいいです。

 

食べるときは姿勢よくして食べなさい、寝るときはちゃんと仰向けで寝なさい、しっかりと歩きなさい、深呼吸をしなさい、ちゃんと決まった時間にトイレをすませなさい。

 

私は、子供のときさんざん両親にこのような事を言われました。

 

こども時代は、体を成長させていく重要な時期ですので、こうしたしつけはそのまま健全な体づくりに役立ったと思います。

 

基本的な体づくりをまずは、こうしたことから始めてはいかがでしょうか。

 

当院では治療そのものとは別に、寝方、腰掛け方、入浴の時間、歩き方、呼吸のしかたなどをご指導しています。

 

こうしたことは、日常動作の中で、誤った動きやくせを改善していく力があります。

 

わずかな動き方の誤りでも、それが繰り返されると大きな損壊を起こしてきます。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし