· 

ストレッチは生理的か?

今日、ストレッチが治療やケア方法として王道のように指導されています。

 

昔は柔軟体操って言ったんですけどね。

 

ストレッチする根拠を先生方にお聞きすると、痛い状態は筋肉が必ず緊張して固くなっているんだからだとおっしゃいます。

 

痛み=筋肉の緊張だから、痛みを取る=ほぐす、

 

筋肉の緊張=筋肉が収縮だから、ストレッチして伸ばすといった図式です。

 

ところで、背伸びって誰でもしますよね。

 

背伸びは一定時間同じ体勢でいて、背中に疲労を感じて無意識に行う生理的な動作です。

 

一定時間同じ体勢のとき姿勢はどちらかというと崩れています。

 

背中を丸くしてデスクワーク、勉強、編み物などを小一時間も続けていると、背中は疲れてきて次第に張りや血流の悪さなどを感じてきます。

 

背伸びをしている時間は4秒か5秒ぐらいで、どことなくストレッチのような雰囲気があります。

 

確かに伸ばしているという点では共通していますが、全くストレッチとは違う点があります。

 

それは、背伸びが生理的な動作であるという点です。

 

ストレッチは、自然な動作というより、人が生理性をあまり考慮せずに発想した動作なので生理的であるかどうかわかりません。

 

背伸びは人が自然に行う生理的な伸びなので、伸びによって痛めることは基本的にはありません。

 

伸びをするとき背骨は軸を修正し、体幹(肩甲骨)の関節軸と腕の関節軸とを同一直線上にもっていこうとします。

 

背伸びは、筋肉に力を入れた結果、筋肉の全長は収縮ではなく伸長します。

 

腕なら腕の決まった容積の中で内圧が上昇するため、骨格の空隙のような場所は詰められ、軸と軸とは同一直線上に重なろうとします。

 

これに対しストレッチは、力を入れず弛緩しており、上腕のストレッチに見られるように他方の腕でターゲット領域に対して牽引をかけてしまいます。

 

背伸びとストレッチとでは、同じ伸ばすであってもその意味が異なるのです。

 

ストレッチにもうひと工夫できるといいと思うのは、ここです。

 

固くなったものは適当には柔らかくなったほうがいいのですが、やりかたを工夫することで生理に近づけることができるため、より安全性を高めることができるはずです。

 

なぜ固くなるかには不安定になっている関節を安定化させようという意味があるため、固いからほぐす、緊張して収縮しているから伸ばすといったことは、同時に、骨格の不安定を顕性化させてしまうことも考えておきたいところです。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし