· 

早川整骨院の頭痛整体

頭痛が起こる原因について

頭痛の場である頭蓋において、血液の流れは頭痛にとって重要な意味をなすものと考えられます。

 

頭蓋内のおいて、血流が過不足なくスムーズに流れることは、流れの悪さによる様々な問題を解決します。

 

血流不足による頭蓋内酸欠の問題、動脈血流入量の左右差による血管内圧の亢進の問題など、体の使い方と関係して起こりうる問題への対応が適切な対応であれば、頭痛の多くは好転していくことが臨床上見受けられます。

 

頭蓋内の血流不足、血液流入量の左右差はどうして起こるかを次にご説明します。

ストレスと脳

私たちの身体を流れる血液は、いつも隅々まで十分に血液が充満しているわけではありません。

 

その時血液を優先的に必要とする場所へ要求量を届けるために、他の場所は問題の出ない程度に流入量を減らしながら、全身で決められた全体血液量をやりくりしています。

 

優先される場所はハイパーモードで、その他の場所はエコモードでといったようなやりくりをします。

 

深い悩みやストレスにさらされているときの脳は色んな活性物質を発生させるために大量の酸素や栄養源を必要とし、マックスで実に全身の半分近くの血液量を脳は要求します。

 

脳の血流の良し悪しは、頸椎にびったりくっついている左右2対、計4本の動脈の状態に影響を受けます。

 

この動脈が引っ張られている状態だったり短縮している状態でいると、左右から入り込んでくる血液量に差異が生じてしまいます。

 

問題解決の糸口

もともとストレスとは脳への負担を意味するので、人間関係や仕事でも起こりますが、スマホやパソコンなどの光が目を入り口として入り込むことでも起こります。

 

ストレス=脳への負担と考えましょう。

 

血液は酸素と栄養を脳に与え、それが、わんさか起こる感情を作り出すために利用されたり、処理のために利用されたりします。

 

頭蓋内では構造上波動が起こらないようになっているため、頭痛を起こす原因は、怖い病気以外においてはそこに存在しません。

 

それでも頭痛が起こるのは、脳に入り込む直前の問題によります。

 

それが頸椎の不安定状態です。血管が引っ張られたり短縮された状態がずっと続いているような状態に至ります。

 

頸椎の安定化は、頸椎自体の問題以外に、脊柱全体の問題として起こっていることも多いです。

 

脊柱全体の問題は、根本の骨盤との関わりが非常に大きいため、歩くことが少なくて骨盤が不安定な人ほど頭痛が起こりやすいものです。

 

頭痛だから薬、頭痛だから頭だけの問題としてとらえがちですが、人は全体(全身)として見なければ、なかなか本当の原因が見えてきません。

 

全体をどう使っているか、頭痛という結果がどういった全体との関りで起こっているのかを詳細に分析し、適切な処置や対策を行っていくことが問題解決の早道です。

 

当院は、独特な検査法と施術によりそれを行う整骨院です。

 

本当の原因から目を反らさず、あなたと一緒に改善というゴールを目指します。

施術風景

診療時間

お問合せ

042-707-9028

👆

タップするとかかります

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし