· 

早川整骨院の股関節痛整体

股関節への対応の現実

股関節の痛みで悩まれる方は、どこへ行って治療を受けたら良いのだろう、どんな治療をするのだろうと悩んで、我慢をし続ける場合が多いようです。

 

病院では、レントゲンと湿布、あまりに痛ければ、痛み止めのお薬です。

 

レントゲンを見て、手術と言われることも、よくあります。

 

股関節は、骨盤の動きとの関わりや、反対側の肩関節との関わりがあるのですが、病院のマニュアルには、この考え方がないので、このような関係は無視します。 

股関節を手術以外で改善させる

しかし、骨盤や肩関節との関わりを、しっかり把握して対処していけば、少しづつ、改善方向へ向かわせることが可能です。

 

改善を急ぐあまり、やみくもにストレッチなどしますと、股関節がルーズニンングを起こし、本来の目的である「体を支持する」ということが、上手くできなくなってしまいます。

 

股関節という場所の特徴を損なわないように、じっくり計画的に、施術やケアを行っていくことが重要です。

 

放置し、我慢を重ねていても、すぐ10年20年経ってしまい、将来的に、歩行困難な状態になってしまいます。

股関節の特徴

股関節は、ただの脚の付け根ではありません。

 

大きな二つの特徴があり、この特徴を知ることで、改善へ向けたアプローチが可能になります。

 

 

一つ目は、骨盤との関りです。

 

骨盤は、内部に、泌尿器や生殖器、大腸などを収めながらも、歩くための動力の動きをします。

 

骨盤の動きは、股関節が骨盤をしっかり支えて初めて、正しい動きをします。

 

骨盤は、車のエンジンのようなもので、歩くための力学がたっぷり詰まっています。

 

骨盤は、股関節からの支持を受けないと正しく動けません。

 

このことは、骨盤と股関節とは、互いに束縛関係、あるいは協調関係にあることを意味します。

 

二つ目は、肩関節との関りです。

 

人は、進化の過程で二足歩行になりました。もともとは四つ足歩行です。

 

四つ足歩行時代の身体の使い方は、二足歩行になっても、体の使い方に影響を残しています。。

 

私たちは、ハイハイをしようと思えば、やり方を聞かなくても、できてしまいます。

 

股関節と肩関節とは、筋膜という強い膜で連結されているので、二足歩行においても、四つ足歩行においても、股関節は肩関節の影響を受けます。

 

この連結した動きは、対角に起こります。右の脚から左の腕といった連結で、対角に起こります。

 

これが歩行中、タイミングよく交互におこり、規則的な運動周期を作ります。

 

肩関節の誤った動きによって、対角の股関節が、誤った動きをしてしまいます。

 

誤った動きは、ついには関節の破壊を起こしてしまいます。

 

そこで、股関節の改善につながる、骨盤への正しい対処と、肩関節への正しい対処が、必要になります。

股関節への対処法

身体は中心に集まるようにして構成されています。

このことを、内側に包む力と書いて、内包力と言います。

 

そして、この力が働かない状態だと、関節は、壊れてしまいます。

 

人の身体を壊そうと思えば、引っ張ったり、捻ったりし続ければ、内包力が機能しなくなって、壊れます。

 

肩関節と股関節とが、分厚い筋膜でつながっているのは、内包力を利かせるためで、このしくみに構造的な問題が生じていると、内包力が利かないために、股関節か肩関節のどちらかが壊れます。

 

内包力は、中心に向かって集まる力なので、からだの中心に向かって処方していくことが、改善につながります。

 

骨盤と股関節とは、立位において、最良の状態となります。

 

立位であれば、足から股関節、股関節から骨盤、骨盤から体の中心といった順番で圧がかかり、内包力が発生するからです。

 

その逆に、足方向に引っ張ったり、捻じったりすると、内包力が起こらなくなって壊れます。

 

施術の方法は、術者によって様々ですが、施術法に必ず内包的な要素、つまり、体の中心に向かう要素が含まれれば、上手くいきます。

 

股関節の修復期間は、12カ月の歳月を要します。

 

これを長いと考えるか、短いと考えるかは、人それぞれだと思います。

 

私は、股関節の改善率の低さ、複雑さから考えると、12カ月で修復すれば、早いと思います。

 

当院は、体の正しい改善を目指すため、患者様の、この期間へのご理解をいただき、患者様の強い意志を尊重したサポートを行っていきます。

施術風景

お問合せ

042-707-9028

👆

タップするとかかります