· 

早川整骨院の首痛整体

首の痛みが取れない理由

首は、重い頭を支えているために負担が大きい、とよく言われます。

 

しかし、アフリカの山岳部を、水瓶(みずかめ)を頭に乗せて、何キロも歩く人たちの中に、首が悪い人は、一人もいないそうです。

 

水瓶でなく、観光客の荷物を頭に乗せて運ぶポーターさんは、首や肩の痛みが取れなくて、ストリートマッサージが流行るそうです。

 

この両者の違いは、水か、物かという違いです。

 

瓶の中の水は、瓶が傾いても、水は傾かず、人の頭を真下に押します。

 

荷物は、傾くので、人の頭を横へ曲げようとします。

 

頭は、重量があるからこそ、首の7つの骨を、しっかり押さえて安定させます。

 

首に悪いのは、頭の重量ではなく、頭が曲がることです。

 

約5kgの頭が、7つの細い骨に乗っていてくれるからこそ、首は安定し、かえって首に負担が起こらないのです。

 

習慣的に、首を曲げて生活していると、首は悪くなっていきます。

 

頸椎の不安定症は、習慣的に首を曲げ続けることで、改善しなくなってしまいます。

 

ストレートネックは、首の不安定のために、アーチが無くなってしまった状態です。

首の改善のために積極的に行うべきこと

歩く事、身体の水平バランスを鍛えます。

 

歩行による上下の揺れは、頸椎の配列を整える効果があります。

 

歩くことが不足し、首の曲がった悪い姿勢をしていると、首は悪くなっていきます。

 

首の悪い方は、積極的に歩くことが良いです。

改善の方法

首の7つの骨が、きれいなアーチの形状になることが、首に高い改善効果を起こします。

 

アーチの形状は、首にしっかり頭をのせることで作られます。

 

もう一つの方法は、寝ている間、枕を無しにすることです。

 

枕を使用すると、首にアーチが要請されません。

 

枕なしで仰向けで寝ている間は、首は、石橋のようなアーチの構造を作ります。

 

また、首の骨は、脊柱の一部なので、歩いたり、背骨を正すことで、首が良くなります。

 

施術風景

お問合せ

042-707-9028

👆

タップするとかかります