· 

腰の本質3

腰の本質は、前方への移動です。

 

前進を支え、前方以外の方向への動きを制御する役割をこの部に集約し全てを同時にコントロールできるメカニズムが存在できるよう、絶妙な関節構造、骨の形状を持ち、骨や軟部組織を合わせた重量においても深い意味があります。

 

もともと遺伝子レベルで設計された構造とは言え、設計そのものが前方移動という要請が人類歴史において常にあったからであり、今日の移動手段の変更、つまり歩行に代わる移動手段への依存は、設計図の書き換えが起きうる事態を招来します。

 

歩く事で保証されていた設計図および構造が、歩かなくなったことで保証されなくなったのが腰痛の本質であることから、腰痛解決の方法論の一つとして、歩行の実施という事は自明の理ということになります。

 

そして、施術ということがもし意味を持つとすれば、それはその本質の復活をより助けることが施術においてなされなくてはなりません。

 

前方移動をスムーズに行えるための構造要素はいくつかありますが、なかでも鍵となるのは、摩擦要素です。

 

この摩擦を減た構造状態への復元が自動的に行われないのが腰痛ですので、施術はこれを解決する施術でなければなりません。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし