· 

腰の本質2

腰痛の解釈をする上で、「腰の何がどうおかしいか」を知ることが重要です。

それは、腰の本質である「移動要素」ということに注目していかないと、見えてこないというお話を、パート1でしました。

 

人の移動ということに注目したとき、その本質は、「前方の方向に」進むことです。

 

前方の方向に進むためには、他の方向に行ってしまうのを制御する構造、が存在しなければならず、これを行うのが腰です。

 

前に進むには、体全体を支える課題をクリアし、左右にブレる問題をクリアし、後ろに倒れる問題をクリアしなければなりません。

 

腰は、これらを上手くコントロールするために、支えるしくみ、左右にブレないしくみ、後ろに倒れないしくみを持っています。

 

こうした視点で、腰の構造を改めて見てみると、特殊な関節構造や、骨の形、骨と筋肉との関係によって、前方へ移動するための、絶妙な制御をしていることが、よく分かります。

 

この絶妙なコントロールに支障をきたす状態に至ることは、腰の本質構造の破綻を意味し、この本質的な構造を回復させることが、腰の改善につながる、大きなきっかけとなります。

 

本日も、当院のブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。