· 

腰の本質2

人の動きは、縦横無尽に動けるためにその本質を見誤ることが起きてきます。

 

様々な動きが可能なのは日常において必要に応じて繰り返される動きが訓練効果として行えており、本質は前方方向に進むことです。

 

前方方向に進むためには、他の方向に行ってしまうのを制御する構造が存在しなければならず、これを行うのに主体となるのが腰です。

 

前に進むには、身体全体を支える課題をクリアし、左右にブレる問題をクリアし、後ろに倒れる問題をクリアしなければなりません。

 

腰は、これらを上手くコントロールするために、支える主体、左右にブレない主体、後ろに倒れない主体という役割を一か所に集めてしまうことで、最も効率の良い構造を造っています。

 

このことから、腰は不動の関節を持ち合わせるわけはなく、支えながらもブレに対して瞬間瞬間を立て治し、同時に前という方向に進める動きをします。

 

この解析によって改めて腰の構造を見てみると、特殊な関節構造や骨の形、骨と筋肉などの周辺組織の重量によって絶妙な制御を可能にしていることがよく分かります。

 

事の異常とは、こうした腰の本質構造の破綻を意味し、このことの克服こそが腰部の治癒を助ける第一義的なものとなります。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし