· 

構造上弱い部分が痛みの元凶

当院は、患者様のお体の悪い部分に対して施術を行い、その結果として今出ている症状を解決する整骨院です。

 

悪い部分とは、決して痛みのある部分とは限りません。

 

また、「悪い」の定義が他院とは少し異なりますし、そこが当院の特徴とも言えます。

 

「悪い」とは、痛みがあるから悪いのではなく、構造上「弱い」から悪いと定義しています。

 

つまり、悪い=構造上、弱い・・・という事です。

 

そのような場所が体の中で複数個所あるために、からだで歪み(ゆがみ)やねじれを起こし、

 

結果、通常であれば少々負担かけても痛まない膝に少し負担がかかっただけで、

 

通常なら少々使い過ぎても痛まない腕を少しカバンを長い時間持っただけで、

 

膝や肩を簡単に壊してしまうのです。

 

構造上弱い部分は、痛みを起こしている部分と一致することもありますし、一致しない場合もありますが、

 

痛みのある部分と構造上弱い部分とは、構造上つながっている、一つのユニットとして存在しているなどの深い関係を持っています。

 

このことを捉えていると、今かかえている痛みを解決するためには、弱いのを強くする施術と、強くするためのセルフケアをすればいいだけなので、

 

少しも迷うことなく改善への道を突き進むことができます。

 

ただし、構造上の弱さというのを勘違いして筋力強化をしてしまったりすると、効果は得られないか、返ってより痛くしてしまうので要注意です。

 

構造上の弱さとは、筋力がないという意味ではありません。

 

構造上弱いというのは、筋肉よりも、骨のことです。

 

骨というのも骨そのものより、骨と骨とのつなぎ目=関節こそが、構造上の強さを左右する部分です。

 

(当院では、特殊な検査法により構造上弱い関節を特定することが可能ですので、短い時間の中でも完全にポイントを絞った施術ができます。)

 

構造上の弱さを克服して身体全体の平行バランスを良くすることで、改善が早まったり、色んなからだの悩みがいっぺんに解決したりということが起こります。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし