· 

腰痛の起きる原因について

腰痛は、腰の骨組みが正常とは異なる状態で、神経が引き延ばされたり、筋肉が引っ張られたり、関節そのものが炎症を起こしたりして発生します。

 

痛みが生じますと、引っ張られた筋肉は持続的に収縮をするため、張った感じや固い感じが続きます。

 

結果が、張っている・固いという状態であるため、元の本質である引っ張られているという状態に気付きにくく、そのために、ストレッチや牽引療法をしてしまったりします。

 

引っ張られているという本質が分からなくなってしまうと、元が引っ張られて腰痛が発生しているのに、表向きな緊張にばかり目が行ってしまい、捻ったり、引っ張って治そうとしてしまいます。

 

これでは、いつまで経っても改善はしません。

 

引っ張って治そうとするのではなく、神経や筋肉が引っ張られないような元のあるべき姿に戻してあげることが、本当の腰痛治療です。

 

私がかつて在籍していた都内の有名整形外科では、腰痛患者さんに腰の牽引療法を行っていました。

 

牽引機という機械で、15キロの引っ張り力をかけ、10分間腰を引っ張るんです。患者さんは毎日のように来院し、1週間かけて効果が出ないと、20キロの引っ張り力に上げて、また1週間引っ張るんです。

 

女性だと大体25キロの引っ張り力まで上げていき、男性だと35キロぐらいまで上げていきます。

 

その結果、患者さん達は、腰の骨組みがバラバラになるとは言いませんが、安定感という言葉とは程遠い「不安定な腰」になってコルセットを巻いていないといけないような慢性の腰椎不安定症になっていきました。

 

何故にそんな整形外科が有名だったのか、私は今でも謎です。

 

これらの患者さん達は、最終的にどうなっていったかというと、体が最終的な自己防衛反応として、引っ張られないカチカチの繊維に変化していきました。

 

筋肉が伸び縮みができる弾力性のあるものです。

 

老化すると脱水してこの弾力性が無くなっていくのですが、引っ張れることに抵抗するために弾力性を若い時代から捨ててただの繊維の束になってしまうことが、治療とはとても納得がいきません。

 

あるとき、その病院の院長が腰のヘルニアになりました。

 

彼は、腰を引っ張ることが改善のために良い事と思い込んでいるので、自らの腰を35キロで引っ張りました。

 

2週間ぐらいそれを行って、何か気付いたのでしょうか。

 

3週間目には腰を引っ張ることを止めて、毎日、病院の昼休みに小一時間ウォーキングをするようになりました。

 

その後院長は、二度と自らの腰を引っ張ることはありませんでした。

 

腰は、腰の中心部分に向けて組織が集まって結合するような内包力という力によって安定した腰でいられます。

 

引っ張ったら不安定になるでしょ・・・

 

骨組みは、がたがたになり、そのせいで神経は放っておいても引っ張られた状態になり、筋肉の放っておいても引っ張られて痛いから、カチカチに緊張状態になり、そのうち弾力性を失いただの繊維の束になってしまう・・・

 

歩くとなぜ腰にいいのでしょうか?

 

それは、先ほど書いた「内包力」という言葉と関係があるのですが、歩くと骨盤がよく動いてくれるんです。

 

骨盤は特殊な動きをする骨組みなのですが、基本的にこの動きはネジを緩めたり締めたりといった律動的な動きです。

 

進行方向という軸があって、この軸に対して、弾むような動きをします。このとき、腰では中心に向かってまとまろうとする力が働きます。

 

毎日、たくさん歩いていると腰中心に体が揃ってきます。腰は体の要(かなめ)なので、「腰」と書きます。

 

バラバラにしてはいけません。歩いて内包力で中心に向かってまとめていなくてはなりません。

 

病院の院長は、その後腰が良くなりましたが、やっぱり病院としては腰痛患者さんに対して引っ張る治療をしていました。

 

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし