· 

免疫の事で知っておくべきこと

免疫と聞くと皆さんは、何を思いますか?

 

病気にかかったとき、病原菌やウィルスを撃退するものと思われることでしょう。

 

免疫は、具体的には、白血球の事を言います。白血球が病原菌やウィルスを殺すという事です。

 

そのとおりです。ですが免疫力を上げるといった場合は、話は違ってくるんです。

 

どういうことかというと、例えば、少し前の男性の中には、何か夫婦でもめ事があると、「誰のお陰で生活ができると思っているんだ!」とお決まりの暴言とも言える言葉を口にする人がいました。

 

勢いで言ってしまっているのだと思いますが、実際は旦那さんが毎日元気に出勤して頑張れるのは、奥さんが頑張って食事を作ってくれたり、洗濯や身の回りのことをしてくれているからですよね。

 

子育てだって、本当に奥さんが頑張ってくれているから、旦那さんは仕事に集中できるのです。

 

免疫も同じで、白血球が存分に力を発揮してくれるのは、女房役の何かが頑張ってくれているからなんです。

 

この女房役というのが、実は「腸内免疫」というものなのです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、腸内免疫は白血球ではありません。腸内細菌という細菌群です。

 

この細菌群がしっかり活動してくれていれば、いざ体で白血球が高い能力を発揮しなければならない場面で、確実に成果を発揮してくれるわけです。

 

癌という病気があります。

 

癌の細胞一個の発生は、毎日のように私たちの体の中で起こっていると言われています。

 

癌細胞は、増殖するから怖いのであって、細胞一個が発生しても白血球が食べてしまえば、問題はないのです。それが健康な体では起こっているのです。

 

なので、絶えず白血球が力を発揮できるよう、女房役である腸内細菌を育てることが重要なのです。

 

腸内細菌群イコール腸内環境というイメージがあると思いますが、腸内環境とは、腸内細菌が健全でいられる環境ってことです。

 

つまり、体そのものが良くなければダメってことです。

 

腸は消化器系ですから、副交感神経で支配されています。

 

副交感神経は、自律神経ですから不摂生をし続けますと、おかしくなります。

 

「風が吹けば桶屋が儲かる」的な言い方をすれば、「不摂生の風が吹けば、癌が喜ぶ」とでも言いましょうか。

 

癌になってしまえば、そこからが大変です。

 

今のうちに、不摂生をやめて、規則正しい生活をし、自律神経に疲労を起こさせず、しっかり腸内環境づくりをし、高い免疫力を持つようにしておきましょう。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし