· 

腰痛と脳について

近年、腰痛の原因を脳とする考えが言われていますが、確かに脳の影響を思う事も私なりに感じるところはあります。

 

しかし、一元的にそれが原因とまでは言い過ぎと思えてなりません。

 

なぜなら、脳は人体の最高司令部ではあっても、人体を無限に制御できるものではないからです。混乱に陥るし、フリーズして思考停止することもあるからです。

 

ペンフィールドの脳地図を見ても、脳が大きく身体からの影響を受けている事がよくわかり、脳の影響で腰が悪いのか、腰が悪くて脳に混乱を来しているかは、まさに「卵が先か、鶏が先か」の話みたいなものです。

 

なぜ、腰が悪い事が脳に混乱を来すかというと、腰が人の身体のバランス取りに主役的役割を果たしており、このバランス取りに影響を与えてしまうほどであれば、動くということは脳にとって大変な作業を強いられ、そのような状態において、思考であったり感情のコントロールであったり、情報処理であったりをしなければならないのであれば、脳は混乱を来しても無理はないと考えられるからです。

 

このことを、腰において、腰痛ということだけに焦点が置かれた状態においては、確かに脳に問題があるから、腰痛という一方通行的な考え方をしてしまうのであって、もっと腰の機能的な問題に話が及ばなければ、強引に脳ゆえの腰という考えが成立してしまうのです。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし