· 

アイシングで血流は悪くなりません!

 

通常、怪我などの急性期においてアイシングを行うものとされていますが、当院では、そうした考えでアイシングを行うのではありません。

 

①冷やすことで、代謝そのものは落ちます。それを逆に利用する立場です。

病状は患部だけですが、治癒システム(免疫システム)は患部周辺で温存されていますから、相対的に治癒システムが病状に勝る環境づくりができます。

 

②タンパク質の熱による破壊を食い止めます。

タンパク質や脂質は熱に弱く変性してしまいます(僅か44℃近傍で変性)

 

③関節内滑液の温度が下がると、滑液の粘性が増して、滑らかな動きができる。

もともと、関節内の温度は体温よりやや低めになっているのには理由がある。

 

④冷却刺激が続くと、鎮痛に働く

 

⑤発痛物質は早めに除去される

 

 

冷やすと血流は悪くなるかというとそうではありません。

 

なぜなら、血液は「混成流体」と言って、土石流と同じです。

 

この混成流体は、ひとたび流れ出せば、慣性力が起こってどんどん流れていきます。人体は良くできたものです。自然界の摂理そのものが起こっていますね。

 

局所的に冷却したからと言って、たとえ血管が収縮したとしても血流は止まらないのです。

 

また、ブラウン分子運動の抑制と、ベルヌーイの定理で説明できるのですが、血管の内径が減少しても、血管内壁の抵抗も減少するので、血流にはさほどの影響はないと考えられます。

 

これに対し、温めると血流はどうなるかというと、確かに、体表面に血流が集まってきます。

 

しかし、この現象は、タンパクでできた身体は、熱に弱いので、体の表面から熱を旺盛に捨てなければならないので、血管を拡張させる現象です。

 

その現象を血流の改善と考えるのは、そもそも無理がありそうです。

 

入浴すると心拍数があがり、汗をかいて、できるだけ早く熱を外へ捨てようと体は一生懸命やっています。

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし