· 

股関節の痛みで悩むあなたへ

こんにちは。相模原 早川整骨院の早川です。

 

股関節の痛みでお悩みの方って結構いらっしゃいます。

 

この股関節という場所、どうやって治療するの?と治療法が想像できずお悩みになっておられる方多いのではないでしょうか?

 

医療機関では、レントゲン撮って何でもないと痛み止めと「様子を見ましょう」だと思います。治療院だとストレッチ、赤外線でしょうか。女性スタッフがいれば、電気をあてるというのもあるかもしれません。

 

このような尊厳部位というのは、患者さん側も申告しにくいし、医療側も施術しにくい部位なのです。

 

しかし、股関節は骨盤や膝、足部と非常に関係が深いため、股関節に触れずに施術することは可能なのです。

 

問題は、股関節の治癒期間が長いことです。

 

なので、通院にも嫌気がさしてしまい、続かないというのが現状なのではないでしょうか。

 

でも、股関節の悪い状態が進行すると、レントゲンで見て分かるほどになってしまい、その先は「手術しかありません」と言われてしまうのです。

 

医療機関に行きにくいし、医療機関はレントゲンではっきり分からない場合は「様子を見ましょう」。治療院に行っても、ストレッチとマッサージと温熱ですから、

股関節から来る筋肉の緊張をほぐすに留まってしまいます。

 

股関節の根本治療は、股関節よりも骨盤がどうなっているかが分かれば、骨盤の施術、あるいは、骨盤と足部の施術、あるいは骨盤と膝の施術、あるいは、骨盤と膝と足部の施術で合理的に股関節を良くしていくことが可能です。

 

そして大切なのは、股関節が良くなるためにどのような動作をしてはならなくて、どのような動作が推奨されるのかを知ることです。

 

例えば、四つん這い動作や歩行は、股関節を良くしていくのに必要な動作です。人の身体を造るのに必要な動作だからです。

 

ですが、他の動作で痛みが生ずるような動作はあなたも良くないだろうと思っておられると思います。

 

私もそう思います。

 

歩行も加減が必要ですよね。

 

そして、回復まで実に1年かかります。

 

強い意志が必要です。

 

なので、害がなく、改善を助け、鎮痛効果がある方法を知ればようですよね。

 

20分アイシングってどう思われますか?

 

害がないです。

 

炎症抑えます。

 

慣れると痛みが楽です。

 

今日も私のブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし