· 

あなたが首がこる理由

こんにちは。相模原 早川整骨院の早川です。

 

今日は、首がなぜコルかというお話をしたいと思います。

 

首コリのコリって首の筋肉がギューと固くなっている状態ですよね。

なのでほぐしたいと思ってマッサージに行ったりするわけです。ですが、肩こりと違って、首には頸動脈という長い時間圧迫するとと急激に脈が低下して失神してしまう太い血管があって、なんとなく気軽に施術できる場所じゃないために、あまりしっかりほぐしができないんですよね。

 

なので、たいていは肩こりが同時に起こっているので、肩こりをほぐそうとするんです。逆に首をぐいぐい揉んでくるってことは、ちょっと施術家の知識を疑ってしまうんですよね。そんな施術家いないと私は思うんですけど。

 

そこで、首の筋肉がコル原因が分かれば、その原因を解決してあげれば、ほぐす必要がないわけです。

 

その原因が何かというと、単純な話が頭蓋骨なんで大きなものを支えている首ですから、首の骨という柱がグラグラしていたら、グラグラを防ぐために骨の周りの筋肉が相当にギューとなって柱がグラつかないよう頑張らなければならないことになるわけです。

 

なので、マッサージにせよ、整体にせよ、整骨院にせよ、骨組みがしっかりしてグラつかないようにしてあげる施術が必要ということになるわけです。

 

これを自分でグラつかない首づくりをして解決に導き、首コリが起きないようにするにはどうしたらよいか。

 

それには、少しだけ皆さんが知識をつけることが必要になります。その知識というのは、難しくないですので、もう少し私の話を聞いてください。

 

首コリの起きない正常な状態では、頭なんて重いものを細い首が支えているということは、逆に頭の重みが首のグラグラを防ぐように出来ているという事実です。

 

と言いますのが、頭と首をつなぐ関節部分、7つある首の骨をそれぞれつないでいるたくさんの関節部分は、頭の重みが乗ることによってグラつかないような構造になっているのです。

 

首コリで骨がグラついている方というのは、頭がまっすぐ首の骨柱に乗る機会が少ない状態なので、腰かけているとき、立っているとき、真っすぐ前を向いて頭の重みを首の骨柱に乗せるように心がけていただきたいのです。

 

そして、さらに、、、首の骨がズレていて、いくら頭をまっすぐにしていても首コリがよくならない方は歩く事をおススメします。

 

なぜなら、首の関節部分で厄介なのが、頭と首の骨をつなぐ一番、頭蓋骨に近い関節部分で、この部分は、ある程度の縦の振動によってズレが解消、正される部分なので、歩くことで、程よい振動が与えられるからです。無理に跳んだり跳ねたりし

ては、逆効果です。

 

もし、それでも良くならない場合は、施術家による施術がどうしても必要です。

その場合は当院でも、そのような施術を行っておりますのでご相談いただければと思います。

 

今日も私のブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし