· 

骨盤の言葉が怪しく聞こえる理由

骨盤のゆがみを治しましょうという整体・接骨院多いですよね。でも、この骨盤のゆがみという言葉、怪しく聞こえませんか?

 

身体の形って、見れば分かりますし、感じ取ることもできます。なので、ゆがみって言われると気になりますよね。確かに私も骨盤を施術ポイントとして重視してきましたから、ゆがみのことを無視するわけではありません。

 

ですが、ゆがみが治療のポイントなのでは決してありません。ゆがみが何を意味しているかがポイントなのです。

 

そのことの理解無くしてゆがみとりをしても何のメリットもありません。骨盤がなぜゆがんでいるのか。筋肉の問題なのでほぐしましょうでも、ストレッチしましょうでもありません。筋肉が理由もなく緊張しているわけはないのですから。

 

身体をよくする目的がいつのまにか骨盤の形をよくしましょうに置き換わってしまっているから、なんで骨盤の形が関係あるの?、うさんくさい、怪しい、、、となってしまうのです。

 

身体における骨盤の役割があって、その役割ができてないから身体に悪影響が及んでいるわけですから、骨盤の役割を理解し、その役割が果たせる骨盤にするためにいかに患者さん自身が努力できるか、施術家や指導者がそのサポートをきちんとできるかどうかが本当の骨盤治療なのです。

 

骨盤の役割については、私の以前のブログでご紹介しておりますので、そちらの方をご覧いただくとよいと思います。

 

今日も私のブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。