· 

40代、50代の体は要注意

40代、50代においての身体の変化は、人生80年の折り返しを過ぎて10年20年の変化ということになります。この時代では、30代までだったら修復しやすかった体が、修復しづらくなることに変化を感じる40代と、様々な老化現象と共に現れるもっと修復しづらくなる50代の身体に悩まされる方が多くいらっしゃいます。

 

これは、代謝速度との関係があって、残り後半の人生を長持ちさせるためには代謝を落として残りの代謝回数を温存するためです。

 

代謝というのは、疲労や傷害で傷ついた細胞を消滅させ、新たな細胞に変換する作業です。代謝を上げるのを意図的に行うと人生で予定されている代謝回数の大半を早いうちに使い尽くしてしまい、後半に代謝回数が残っていないといった状態に至ってしまいます。

 

私たちの身体の治癒力というのはこの代謝の速度にかかっていて、速度を上げると、代謝する回数自体も多くなってしまうのです。

 

なので、身体の傷害に対して代謝速度を落として傷害が治りにくくなってしうのです。

 

ここで40代50代において、治すために、代謝速度を上げようとしても無理が生じ、傷害はかえって慢性疾患へとスライドしていってしまいます。

 

60代、70代の方に応じた治療のしかたというのもありますが、40代50代においては、残りの後半の身体を決定してしまうので、大変重要な時代と言えます。

 

 

 

 

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし