· 

ヘルニアは腰の骨がグラグラ

そのときは痛みがとれても、次の日になるとまた元通り、、、同じように筋肉が張って痛い、血行が悪くなって痛い、、、

 

ずっとほぐしたり、温めたりしているうちに、いつしか慢性の、さらに慢性になって、どんどん治りづらくなっていませんか?

 

実は、筋肉が緊張するのも、血行が悪くなるのも、、、原因は、筋肉や血行に原因があるわけではない、、、のです。 

 

むしろ、筋肉はガチガチになることで、グラグラ不安定で、壊れてしまいそうな骨組みを、筋肉ごと固めて安定させようとする防衛反応なんです。

 

私たちの背骨はただの骨ではありません。

 

身体の大黒柱、いやいやその程度のものではありません。

 

なんと、背骨の中に、脳みそを入れているのです。

 

脳みそと言っても、脊髄のことですが、脊髄は脳みそからつながっていて、中枢神経という言い方もします。

 

この脳みそと同じようなものを少しでも傷つけようものなら、たちまち私たちの身体は半身不随(はんしんふずい)になってしまいます。

 

下半身を動かすことも、立って歩くことも、感覚を感じることも出来なくなります。

 

背骨は長い筒のようなもので、その筒の中に、こんなおっかない脊髄をおさめているんです。

 

この上手くできた私たちの身体は、まさか、この筒をグラグラにするわけはないのです。

 

もし、背骨の関節がゆるんで不安定なまま使用されれば、「直ちに動きを止める、直ちに背骨の周りを固める」作業に入ります。

 

それが、腰の筋肉のガチガチ状態なんです。

 

それでも、あなたは、腰をもみますか?

 

身体は、脊髄を守るために、腰の筋肉をガチガチにしてくれたのにそれをもんで、ほぐしてしまいますか?

 

今度は、身体は、脊髄を守るために、もっとガチガチになるか、いっそのこと筋肉という素材自体を石のような素材に変えてきてしまうかも知れないのです。

 

もう一度振り返ってみましょう。

 

骨組みさえグラグラでなければ、こんな状態に筋肉はならなくていいのですよね。

 

骨組みさえ安定すれば、筋肉はサッサとガチガチ緊張を止め、血行もすぅ~と良くなってしまいます。

 

筋肉をほぐしても、温めても、決してぐらついた骨組みは、よくなりませんよね。

 

ヘルニアは、腰でクッションの役割をする軟骨部分(椎間板、ついかんばん)が壊れたたに起こるつらい腰痛の症状ですね。

 

クッションが壊れると、腰の骨は急にグラグラしはじめるので、骨の周りの筋肉は、それ以上にグラグラにならないよう、コンクリートで固めるかのごとく、筋肉はガチガチに緊張してしまうのです。

 

どれだけほぐしても温めても、骨をグラつきから守るために、ふたたび筋肉と血管の緊張を起こししまうんです。

 

なぜ、世の中には原因不明の障害が起こるのでしょう。

 

もう一度、申し上げます。

 

背骨の中には、中枢神経(脊髄)がすっぽり収まっています。

 

これは、少しでも傷つくと半身麻痺、つまり半身不随を起こすんです。

 

これを守るためだったら、身体は何でもやってきます。

 

筋肉をガッチガチに固めることで当座をしのげるのなら、簡単に腰を固めようという選択をします。

 

当然、腰がはる、はって血行が悪くなるという道を選びます。

 

そして、この筋肉と血管の緊張はいつまで続くかというと、、、

 

骨のグラつきが無くなるまで一生続きます。

 

クッションが壊れて、身体の大黒柱がグラつき、大黒柱の周りを筋肉コンクリートが固めて、大黒柱がグラつかなくなるまで続いてしまうんです。

 

でも、私がみてきた患者さんたちは、、、

 

正しい腰の使い方を手にいれる事で、骨組みのぐらつきが早いうちに問題解決していきます。

 

正しい腰の使い方をしていただくために、私はあなたに、腰の本当の事実を知っていただきたいです

 

そして実際に正しい腰の使い方を手に入れていただき、

施術とセルフケアに本気で取り組んだあなたは見事に、将来の不安を取り除くことができるのです。

 

施術とセルフケアで、少しずつクッションが壊れる前の状態を取り戻すようになり、いつの間にか、症状が消えていきます。

 

ヘルニアまで起こしたあなたであっても正しい考えに従って、腰の正しい使い方をマスターすれば、ヘルニアになる前のお体の状態を取り戻せるのです。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし