· 

あなたが四十肩・五十肩になる理由2

こんにちは、相模原 早川整骨院の早川です。

 

四十肩・五十肩になる理由は肩甲骨という言わば腕を動かす際の滑車のような

役割をする部分が錆びついているせいですよというお話をしました。

 

この錆がとれるためには、半年、1年、3年の歳月を要します。

 

この間、大変な思いをされるので、その期間を短縮したいと当院のような施術所に

来られる方は意外に多いです。

 

肋骨全体の形状を変化させて、錆び取りするのを待つより、何故錆びているかを

発見し、錆びている根本原因を解決するほうが早いのです。

 

錆びついているのは、摩擦でぎこぎこするから熱を持ってきて、すると肩甲骨

と肋骨の間で体液の性質が熱のせいで変化してしまい、

本来ならなめらかな動きを助ける体液がそうでない体液に変化してしまうせいです。

 

ちょっと小難しい話になってしまいましたが、肩甲骨と肋骨との間で、油が切れるようなものです。

 

そこで、摩擦する原因というのが、肋骨の上で肩甲骨が上手く回らないという風に我々は表現しますが、肩甲骨がくるくる回るわけではないので、簡単に肩甲骨が上手く動かないと申し上げておきます。

 

何故そうなるのかと深堀りすると、顎から肩甲骨につながっている筋肉が縮んでいるからです。

 

こ縮む原因は、首に原因があるので、治療は首の施術を含めて行わなければなりません。

 

ここでは、首のことは省略させていただいて話さないと分けわからなくなるので割愛させていただきます。

 

そして、前回もお話しした反対側の股関節から伸びてくる筋膜というひもに喩えられるものが、腕につながってきますので、腕は反対の股関節の誤った動きに影響を受けるわ、肩甲骨という腕の動きに滑車として関係するものは顎に向かって引っ張られているわで、肩甲骨はまるで滑車の動きができなくなってしまうというわけです。

 

従って、四十肩、五十肩の施術は、肩関節、頸椎(首)、股関節に対して有効な施術をしなければならないということになります。

 

どうでしょうか、なんとなく肩だけ治療しても上手くいかないというのは、

お分かりいただけたでしょうか。

 

そして、自然放置の場合、肋骨は許容範囲の中で変形しますが、これに肋骨の中に含まれる内臓がどれだけ耐えられるかは、私にはわかりません。

 

ですので、分からない以上、自然放置ではなく正しい治療をおすすめいたします。

 

当院では根拠に基づいた正しい治療を行っておりますので、ご希望の方は、いつでもお問合せください。

 

お問い合せ先は、

 

       042-707-9028 早川整骨院まで

 

今日も、ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし