· 

慢性の〇〇炎を改善したいあなたへ

からだのどこかが痛くて、病院へ行き、

骨に異常ないかレントゲンをとってもらい、

お医者さんから、「骨に異常はありません、膝関節炎ですね・・・」とか、

「腱鞘炎ですね・・・」などと言われる方が多いと思います。

 

この〇〇炎というのは言葉どおり炎症のことです。

 

炎症は身体の一部で起こる、喩えて言うなら山火事のようなものです。

この山火事が普通は3日で自然鎮火するものが

1週間経っても、2週間経っても、半年経っても、1年経っても、

鎮火しないのが、慢性の○○炎です。

 

山火事は、空気が乾燥していたり、風が強かったりしたら一気に山全体を

焼き尽くしてしまいますよね。

 

運よく雨が降り続けば、鎮火が早まります。

 

どこまで山を燃やし続けるか分かりませんが、

自然界は山火事であろうと、嵐であろうと、雪であろうと、

なるべく治まろうとします。

 

なぜなら、それが普通だからです。

 

普通というのは、それが一番安定した状態だからです。

 

もの事はいつも安定した状態に戻ろうとします。

 

私たちの身体も、怪我をしたらもとの怪我をしていない状態に戻ろうと

します。

 

ですが、傷跡は残します。

 

炎症が続く慢性の○○炎は、山火事で言えば、

火事が治まらないように、それこそ

火に油を注ぐようなことが起こっている状態なのです。

 

○○炎は、実際に炎があがるわけではありませんが、

私たちの身体はタンパクでできているので、42℃ぐらいまで

温度があがるとタンパク質が焼けて固まってしまうんです。

 

これを冷ますのに、体内の水が熱を運んで呼吸で捨てたりするのですが、

このシステムが十分に機能していないと慢性の○○炎に至ってしまうのです。

 

この熱を運ぶシステムというのが、血液の循環です。

 

ですが、循環を良くしようとしてお風呂に入って循環がよくなったというのは、

全く意味が違うからです。

 

なぜなら、お風呂でからだに一気に熱が入ったために、慌てて循環をよくして

入ってきた熱を捨てなければならない状態では、血液は熱をいっぱいに受け取って

しまっていますので、

これ以上に○○炎の熱を運べないからです。

 

満員電車にこれ以上乗客を乗せれないというのと同じです。

 

満員でない電車をたくさん運行させることが必要なのです。

 

なので、○○炎を慢性にさせないコツは、軽い運動をするのが良いのです。

 

中でも、よほど足に捻挫などの怪我がない限り、ウォーキングが有効です。

 

今日も私のブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました。

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし