· 

なぜ自分で治す努力が必要なのか?

今日は、なぜ、自分で治す努力が必要かというお話をします。

 

こんな事を書くと、病院や治療院は治すためにあるのではないか?と言われるかもしれません。

 

もともと病院や治療院の役割は、患者様の改善を、専門知識と技術で、お手伝いをするというのが原点です。

しかし、実際には、医療側が治す手段の全てを握っていて、患者さんは、治してもらうという関係が成り立っていることが多いです。

 

これは、ひとちには、医療に関わるのが、医師やスタッフだけではなく、製薬会社を始めとした関係各社との取引が存在するために、どうしても病院も、会社化していき、ビジネスの性格を帯びてくるせいでしょう。

 

病院であっても、売り上げを管理するようになり、そこを訪れる患者さんたちは、お客様となっていきます。

 

そのような感覚に陥ると、病院は患者さんからの依頼を受けて、それに応える請負業のようになってしまい、いいなりの商品をお届けする存在になっていきがちです。

 

これでは、専門の考えもどこえやら、患者様のご機嫌を伺う地位へと成り下がってしまい、もはや、価値ある専門医療を受けられず、医療の形をしたサービスを受けているに過ぎない状態になってしまいます。

 

そして、患者さんは、病院を治してもらうところという印象を持ってしまい、医療側の知識や技術に援助してもらい、自分も努力して治すをいう意識が薄れていってしまいます。

 

お薬出しておきますね・・・とか、もくもくと治療するなどの診療は、永遠に患者さんの症状が改善しないばかりか、悪化さえ考えらます。

 

名医とか、ゴッドハンドという言い方があることからしても、医療の提供側に対する国民の期待は大きいです。

しかし、だからと言って、改善の全てを医師の技術や処方に頼ってしまったのでは、改善の難しい場合においては、回復はより困難になっていってしまいます。

 

患者様は、自分で治らないから医療を受けるのですが、医療の提供側は、治らないのはなぜかを問診や検査を通じて考え、治る邪魔をしているのが何なのかを見極め、治療の一手を投じて経過を追い、経過からまた身体の問題点を探り、また一手を加えるという事をするのが治療です。

 

治療期間という改善するまでの見込み期間を見立て、この期間中の患者さんの努力の方法を伝え、ご指導し、再診してもらって、努力の確認や心理状態を見ながら、経過が予定に従って良好なのか、停滞しているのかを確認していくことが、根本改善するために、必要と考えます。

 

なぜかと申しますと、病の原因は、ほとんどが生活習慣にあるからです。

 

つまり、自己管理が最も重要で、それなくして、症状を消したところで、それは見かけ上のことであって、本質は変化していないからです。

 

基本的に、生活習慣の改善やその努力が必要であることは、病気の全例において言えることだと確信します。

 

国民は、このことをあまり理解していないのではないでしょうか?

 

当たり前と言えば、当たり前のこのルールの価値が、いつの間にか聞かれなくなってしまった気がします。

 

医師と患者が、膝を突き合わせて話し合うこともなくなると、それは、もはや、マニュアルをやっていればいいだけの医療になってしまうのではないでしょうか。

 

 

本日も、当院のブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。