· 

顎関節症について

こんにちは。相模原 早川整骨院の早川です。

 

今日は、首と非常に関係の深いアゴの関節について

お話いたします。

 

皆さんは、アゴってどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

医療の世界においては、食べ物を歯が噛んだり砕いたり、唾液を混ぜて舌で飲みこみやすい状態に形成するのに、

アゴの動きや力を利用すると言った解釈をしています。

 

しかし、実はアゴというところは、それだけの役目をしているわけではありません。

 

頭が後ろに傾くとき口を開き、頭を前に傾けるとき

口を閉じるということを自動的に行っています。

 

その証拠に、頭を前に倒して口を開けようとしても出来ないわけではありませんがとてもやりにくいです。

 

また頭を後ろに傾けて口を閉じようとしても、

これも大変やりにくいです。

 

これは、アゴが頭の前後の傾きの動きと

連動して動いているということになります。

 

そこで、もし下を向いて食べ物を食べた場合、

口は上手く開きません。

ものを食べる時は下を向いて食べない方がいい

と言う事がお分かりいただけると思います。

 

もし、下を向いて食べる事が習慣になっていたら、

アゴの弱いところに問題発生することは

考えておいたほうがいいでしょう。

 

アゴの弱いところというのは、一つにはアゴの関節です。

 

そして、あとアゴは、頭を左右のどちらかに傾けたときも動きます。

 

例えば、左に頭を傾けたとき、

なんとなく左の顎関節に押し詰まるような違和感を感じ、右の顎関節が伸びたようなような違和感を感じると思います。

 

力が入っているとなかなか感じにくいですが、

力を抜いて行うと分かりやすいと思います。

 

やはり、この事からも頭の動きとアゴの動きは

連動している事が分かります。

 

しかし、頭の前後の動きは自然であるのに対し、

左右の動きは違和感を感じる分

不自然であるという違いがあります。

 

ですので、頭はなるべく横に倒したような姿勢を

とらないことがよいということになります。

 

まとめますと、頭を前に倒しているときは口を閉じ、

頭を後ろに倒すときは口を開けるのが自然で、

左右に頭を倒すのはあまりない方がよいという

ことになります。

 

ところが頭が首に対して前倒れ、あるいは後ろ倒れ、

あるいは横倒れになっている人はどうでしょう。

 

これはどこに問題があるとき、

頭が倒れるなんてことが少しでもあるかというと、

頭と首のつなぎ目であることが多いです。

 

この部位を、環椎後頭関節といいます。

 

ですので、顎関節症の方はこのあたりからチェックして、治療が必要なら治療を、

少なくともセルフケアをすることから初めてみるのが

安全です。

 

治療といっても、この部位を直接押したり引っ張ったり、ましてや捻じったりしたらいけません。

 

前回のブログでも申し上げましたが、

首の骨に頭を乗せる・・・でしたね。

 

それが基本の基本です。

 

セルフケアは、姿勢をよくする・・・です。

 

そのように努めていくと、

アゴの不自然な動きは修正されてきて改善への道に

入ると思います。

 

今日もブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし