· 

ソファー、座椅子は体に良いか?

本日は、なぜ座椅子が体に悪いのかというお話をします。

 

皆さんも、座椅子に腰かけていて腰に違和感を感じたり、痛くなったご経験はないでしょうか?

 

今日の住宅事情では、お部屋の大きさ、雰囲気から、リビングにはソファー、居間には座卓と座椅子が置かれていることが多く、今後も更にオシャレなデザインに進化しながら、どこのご家庭にも置かれていくことでしょう。

 

でも、人の身体のことを思うと、実はソファーにしても座卓にしても、お尻の位置が低いために、骨盤や腰にとってちょっと都合が悪いのです。

 

というのは、人の自然な身体形状である腰の骨のアーチ形状を、真逆に変形させるからです。

 

もちろん、ソファーに腰かける、床にお尻を置くという機会は日常でいくらでもあるのが普通です。

 

しかし、その時間を長くとって生活していたりそれが習慣化してしまうと、身体はその形を普通の事として適応(順応)してしまい、高さの合った理想の椅子に腰かける機会においても、腰の骨のアーチ形状を真逆(いわゆる丸い腰)にして腰かけてしまいます。

 

なぜ、腰のアーチが反対になると都合が悪いのかというと、腰の骨には沢山の接合部があり、これを関節というのですが、この接合部がパカッと離れたままの状態になってしまうからです。

 

ちょうど、この接合部である関節は腰の骨の後方にあるため、腰を丸くすると後方の接合部は離れたままになってしまうのです。

 

腰がしっかりしている時というのは、アーチ形状が維持されている状態にあり、このとき腰の骨の接合部はカチッとはまって、腰全体の骨の連結が上手くいっていて、腰が悪い動きをしないのです。

 

とくに関節においては、縦の引っ張り、横へのスライド、斜めのねじり、というのが関節を壊してしまう原因ですが、腰において骨のアーチ形状が維持されて、後方の接合部がはまっている状態は、このような危険な動きが起こりにくく、私たちの体を守ってくれるのです。

 

よく理想の腰かけ方というのは、正座もしくは椅子に腰かけることと言いますが、その理由は、腰の自然なアーチ形状を作りやすいからです。

 

私自身の考えで言えば、リビングや居間にソファーや座卓を置いてはいけないといういう事ではありません。

わずかな時間身体に休息を与えるときに楽だし、ソファーや座椅子はホッと一息つける良いツールだと思っています。

 

しかし、わづかなひと時だから良いのであって、ずっとそのまま長く居たのでは、腰は必ず悪くなってしまいます。

 

楽は、適度がちょうどよいということですね。

 

本日も、ブログをお読みいただき、ありがとうございました。