· 

ヘルニアは怖くない3

ヘルニアが腰椎の椎間板で起こるのは、その場所に許容値を越える大きな力がかかった・・・と言う事になるわけですが、椎間板の本来の役割が衝撃緩衝(衝撃を吸収する)ものなので、ヘルニアが起こったと言う事は、役割以上の衝撃がかかったということになります。

 

この場合、考えられることは3つです。

 

第一に、大きすぎる衝撃がかかった

 

第二に、椎間板そのものが弱い

 

第三に、椎間板以外の緩衝部位が役割を果たしていない

 

この3つしかありません。

 

この中で、第一のケースは交通事故や激しすぎるスポーツでは考えられますが、普通の生活の中ではあまり考えられません。

 

第二のケースは骨の密度の低下は聞く事はあっても、軟骨密度の低下というのはほとんど聞いた事がありません。

 

第三のケースは、私が施術の仕事をしていてよく出会うものです。

それが、腰椎、骨盤、股関節のリンク機構の不具合という状態です。

 

このリンク機構は説明が難しいのですが、本当に簡単に説明しますと、人の身体を横から見て、立位で前屈の動作をするときに、体幹が前に倒れると同時に骨盤が後ろに傾きます。これは何を意味しているかと言うと、身体を前に倒したときにそれを後ろに引き付けておかなかればならないという大きな負荷を骨盤が後ろに傾くことで減じているという意味です。

 

これを筋肉がそうしているとしたら筋肉にはどれだけの大きな力が要求されるでしょうか。

とても不自然な話になってしまいます。

 

骨である骨盤が筋肉よりも先に後ろに傾く事によって、筋肉はそれを緩やかにサポートしている程度で済みます。

 

こうして無理なく前屈動作を行うんです。

 

股関節もこのリンク機構に参加しているのですが、話がややこしくなるのでここまでとしておきます。

 

このような骨のリンク運動は、身体にかかる負荷を減じる役割として十分に機能するため、先ほどの椎間板の緩衝機能を補佐する仕組みであり、逆に椎間板の緩衝機能が骨のリンク機能を補佐する仕組みとも言えます。

 

なので、ヘルニアが起こってしまっても、その後に腰椎、骨盤、股関節のリンク運動が正常に回復ううしていけば、問題がないのです。

 

そして、この三つの骨のうち、どの骨に焦点を合わせると上手くリンク運動を再開していくかというと、骨盤です。

 

しかし、腰椎であっても、股関節であっても骨盤とリンクする以上、腰椎の動きを邪魔するものが存在したり、股関節の動きを邪魔するものが存在したりすると、やはり正常なリンク運動の回復は遅れます。

 

特に股関節は、反対側の肩関節と筋膜によって連動しているため、非常に厄介です。

 

ただ、これらを総合的に良くしていくために最も良いのが、肘を90度曲げ、腕を振ったウォーキングです。

 

皆さんも是非、ウォーキングを習慣づけて、万病の予防とされることをおススメいたします。

 

本日もブログをお読みいただき、ありがとうございました。