· 

歩いて学力アップ

脊柱の美しい弯曲は思春期で形成されるんですね。ですから、この時期に姿勢が良くないのは実に残念なわけです。

 

最近は思春期の娘さんの肩こりを心配した親御さんが娘さんと一緒にご来院することが時々あります。

 

どのような日常生活を送っていられるかお聞きすると、一日中机に向かって受験勉強をしているそうです。一生懸命勉強していても肩がこって集中できないとのことです。

 

姿勢をチェックすると腰かけたときの骨盤が後ろに傾いている・・・自動的に腰の骨は丸くなります(後弯)

 

長い時間腰かけて勉強するためには、それなりに身体を支える筋力が必要になります。

 

ですが、最近は勉強ばかりで運動が不足したりで、身体を支える力がないまま長時間腰かけ続けるわけです。

 

大抵は、腰のきれいな弯曲は消失してしまい、後ろに弯曲してしまいます。つまり腰を丸くした状態になってしまっています。

 

これは、赤ちゃんがおすわりができるようになったころの姿勢か、お年寄りが腰が丸くなってしまった姿勢なので、成長の前、

 

あるいは、老後の姿勢ということになってしまうではありませんか。

 

明らかに良くないのはお分かりですよね。

 

最も身体が発育する時期に、まるで発育を妨げてしまうわけです。

 

不自然ですよね。

 

もったいないのです。

 

姿勢を勉強より優先するか、勉強を優先して姿勢をおろそかにするかって話なんですけど、どちらも大切にするのに、少し運動して姿勢を保つ力ぐらいはつけておいたほうが、肩こりが気になって勉強の能率が下がるよりいいのではないかと私は思うわけです。

 

姿勢維持は脊柱起立筋の力が必要です。

 

脊柱起立筋を強くするには、歩く事が一番大切なんですが、塾の送り迎えに車、あるいは自転車ってことではなくて、歩いて塾まで行ったらどうでしょう。

 

京都に哲学の道ってありますよね。そこを歩くと不思議にアイデアが湧いたりするので偉人たちは好んで歩いたそうです。

 

このように歩く事をおすすめして、優秀な大学に進んだ学生さん結構いましたよ。

 

それでは、本日もブログをお読みいただき、

ありがとうございました。

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし