· 

脊柱弯曲の意味

脊柱が、Sの字の弯曲をしているのは、なぜなのでしょうか?

 

新築した家屋の柱が弯曲していたら、建築会社に文句言って、造り直してもらいますよね。

 

これが、人の体では、弯曲しているからこそ強いのです。

 

弓は反り返っているから強いのですが、人の背骨もそうなんです。

 

また、この弯曲というのは上から押しても、強いのです。

 

つまりバネのような強さを持っているのが、脊柱の弯曲なのです。

 

バネは、振動に強いです。

 

車にも、バネは付いています。

サスペンションです。

 

そうやって、体の上下の振動、歩行に伴う上下振動、高いところから飛び降りても、器械体操で跳んでも、背骨が潰れないし、脳への衝撃を与えなくてすんでるのです。

 

脳挫傷、脊髄損傷を防いでくれているんです。

 

脊柱の弯曲の数は、首、背中、腰の3つです。

 

バネが3つあれば、強力です!

 

それなのに、首がストレートネックだと、バネが一つ無い状態です。

 

これに円背(老化して丸くなった背中)が加わると、二つ無くなった状態です。

 

この状態は、バネが一つだけ。

 

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる子泣きじじいは、円背なのにすごいジャンプができます。

あれは漫画だからです。

いや妖怪だからでしょうか。

 

年をとって円背になると、脚で地面を蹴って歩く歩き方ができません。

 

脳や脊髄に衝撃が及んでしまうからです。

 

ですから、日ごろから姿勢を良くして、3つのバネを無くさないように努めることが大切なのです。

 

習慣的に姿勢が悪いと、若くても、習慣性の円背が起こったり、ストレートネックが起こります。

 

姿勢はとても大切です。

 

本日も当院のブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。