· 

脊柱の弯曲

脊柱って真っすぐには出来ていません。

 

前から見て、後ろから見て、これは真っすぐです。

 

でも、左から、右から、つまり横方向から見ると、弯曲しているんです。

 

生まれたばかりの新生児では、脊柱はほぼ真っすぐです。

 

それから数カ月して首がすわるころには首に弯曲ができて、ゆるいCの字のアーチ型になります。

 

さらに数か月して、おすわりができるようになると、全体は何となくSの字となります。

 

そして、6歳ごろまではまだまだ頭が重くて頭を後ろに傾けた幼児体型です。

 

ここから7歳までの1年間の成長がすごくて、背中の湾曲がグンと発達します。

 

その後の思春期の急成長はほんとにすごくて、ほぼきれいなSの字の弯曲ができます。

 

こうして、横から見て脊柱は、立派なSの字の弯曲を完成させながら、丈夫な体を作っていくんですね。

 

身体の完成がそうなのですが、そうでない全体の姿勢をとっているとどうなるか・・・ということなんです。

 

悪い姿勢ってことです。

 

悪い姿勢をとる頻度が高い、悪い姿勢のままでいる時間が長い、癖になってしまっている。

 

さすがに体形が変わってきます。

 

 

 

自然な成長に裏付けされたSの字カーブがそうでなくなります。

 

成長と反対のことが起こると、それは退化という事になりますね。

 

まだ若いのに老化、具合が悪い、どこかが痛い、何でも起こります。

 

成長の過程で得たからだのしくみを失わないようにしましょう。

 

本日もブログをお読みいただき、

ありがとうございました。

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし