· 

水で身体を治す

 

人の身体はすみずみまで水分を含んでいます。血液もそうだし、リンパ液もそうだし、細胞の中、細胞と細胞の間、胃ってそうだし、尿だってそうだし、、、もし人をドライフルーツのように乾燥させたら、、、人は実に全体重の65%~80%は水分なんです。そこで、水分というか水ってその性質から体の中でどんな仕事をしているかのお話です。それは、一つには、水には多くの物質を溶かす性質があるゆえに、栄養、ホルモン、老廃物を溶かしていろんなところに自由に運んでいるんです。もう一つは、水は表面張力っていう繋がる力を持っているゆえに、毛細血管のような細~いところまで栄養でも、ホルモンでも老廃物でもどんどん運んでいってしまうんです。どんどん浸透していく感じです。

 

そして、この浸透ってことなんですが、水は毛細血管じゃなくて細胞から細胞に移動していくとき、間に細胞膜があるのでどうやって移動していくかっていうと、浸透圧っていうのが働くんですね。圧っていうことだから、なにか水をグーとおしていく圧力なんですが、その圧力を計算すると、ちょっと物理学っていうの使っちゃうんですけど、(*血液凝固点降下度は、マイナス0.56°~マイナス0.52°、その分子濃度は0.301モルだから、浸透圧は0℃だと6.74気圧。浸透圧は絶対温度に比例するから、37℃の体温だと7.65気圧という浸透圧が割り出せる。)って感じになるんですね。まぁ、私も何度もこの計算式ながめるんですけど、学者じゃないんでよく分かりません。結局、水が細胞から細胞に移っていくときは7.65気圧っていう浸透圧で移動していくんだなぁ、、、って覚えているだけです(笑)。

 

一般にですけど、高等動物の内臓は、この水の浸透圧と内臓の浸透圧が同じで初めて順調に働くようになっているんですね。さっきのよく分からない浸透圧の計算で温度と比例するって書いてありましたけど、低―い体温であっても、内臓も低温、内臓の周りの水分(組織液って言います)も低温ならば、内臓と、その周りの組織(何かぐちゃぐちゃした組織です)は共に低温だから、浸透圧は同じであるため内臓は順調に生きていられるんですね。そこで悪くなってしまってる組織を病的な組織って言うんですけど、ここを低温にしてしまうと病気の進行の速さは遅くなることが分かっていて、低温であっても病的な組織と周辺との浸透圧の差がない状態であれば病的な部位は順調に生きていられるんですね。これって何を意味してるかというと、病気の進行が遅らされている間に修復作業をエッサエッサとやっちゃうことが出来るってことなんです。何やら、敵が眠ってる間にじわじわと敵陣を取り巻いてしまう感じです。兵法にこんなのありましたっけね。こんなわけで、低温状態って医療に使えるんですよ。

 

救命救急で人工的低体温法っていうのがあるんですね。それをやっても血管が細く収縮するはずなのに何も問題が起こらないんです。何でかっていうとブラウン分子運動が抑制されるっていうことなんですけど、要は、低温であるために水の分子が暴れないんです。だから、血管の内壁にかえって強い圧力がかからないから、血管の収縮しても問題は発生せず、しかも血管の周りの細胞が酸素っていう栄養をそんなに必要としない省エネモードになってくれるので、よく寒冷状態で心配される局所低酸素症なんて状態に陥る危険性もないんです。よっぽど身体が熱をため込んでしまううつ熱なんて状態では、うつ熱41℃で循環障害、細胞実質破壊なんてことの方が実際によく起こっているんです。

 

このことは、病的な部位って熱を持たせると、どんどん病気の方が進んでいくんですけど、十分な冷却法で身体の表面から熱を奪ってやると、病気の進行が止まって、その周りに修復のための免疫がその間にごっそり集まってきて治るための環境というか格好の条件が出来上がってしまうんです。そしてこの修復のために血液からの栄養成分の補給は不可欠なんですけど、十分な冷却時は、熱によるたんぱく質の破壊を防いでくれて、炎症反応に必要な栄養や、炎症拡大鎮火に必要な栄養も少なくて済むため、血管内の血流の速さは遅くても十分確保できるんですね。表面から冷やして体内の水を冷やし、それを浸透圧でどんどん奥に送り、病気の勢いを止め、その間に周りに免疫隊を集めちゃえっていう方法のおすすめのお話でした。

本日もブログをお読みいただき、

ありがとうございました。

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし