· 

骨盤はエンジン?

人は長距離を移動する必要がありました。長い時と流れを経て長距離移動に必要な運動器、つまり骨格に進化する必要がありました。この骨格に求められるのは、エンジン・・・

 

といっても、車や飛行機のようなエンジンが備わるわけはありません。それは、繰り返し繰り返し振り子のように動く骨格。

こういうのは、何か偏心的な回転体が反動をつけてぐるぐる回るような、反動がつくからそれだけでずっと回り続けるような。

はずみ車って言うんですよね、こういうの。

 

体の中でそういう骨格があれば、それを原動力として、それをあたかもエンジンのようにずっとエネルギーを生産しながら発動し続けることができるんですね。こういうの骨の形をみればどう見てもそう見えるものがあるんですね。それが骨盤の寛骨という骨なんです。さらにその寛骨には脚の骨がつながっている。

 

ゴリラやチンパンジーのそれと比べると人の寛骨は実にスムーズに弾みながら回転します。

 

回転といってもグルグル回るのではなく、回転の弧を描いたら、逆回転し、また回転して逆回転する。恥骨という左右の寛骨をつなげる関節部分が自転車のペダルのようなクランク運動をおこして右の寛骨の回転運動は左の寛骨の回転運動に繫がっていきます。

 

長距離移動を効率よく行うためには絶対必要な骨格がはずみ車というエンジンが必要なのです。

 

さきほど、円運動が弧を描き、逆回転の円運動を起こして元の弧を逆にたどると言いましたが、それってネジが閉まるネジが緩むという表現にぴったりですよね。

 

骨盤が締まるとか緩むというのは、こういう意味です。

 

ボルトとナットを想像してみてください。横着にボルトにナットをねじ込もうとしてねじ山を壊してしまったことてありませんか?骨盤の障害って実はあれなんです。

 

どういうタイミングでそういう事が起こるかというと、尻もちや膝をガツンとぶつけてはずみ車である寛骨を不用意に回してしまったとき、そういう障害が起こってしまうんですね。

 

一度起こしたねじ山の破損はそう簡単に治りませんよね。

 

ここを治すには技術が必要なんです。

 

ガツンと壊したから、ガツンと治せばいいかと言うと、さらに壊れてしまいそうです・

 

優しく潤滑油を注ぎ、やさしくネジを回してあげるしか方法がありません。

 

さあ、皆さんならどんな骨盤の治し方を想像しますか?

 

本日もブログをお読みいただき、

ありがとうございました。

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし