· 

骨盤がどうして重要なのか

こんにちは。

 

人の生命活動が、大自然の時間の流れの中では子孫を残し続けて種を存続させる意味のものであることを前回は書きました。

そして、人一生の時間の流れの中では、人を愛し、家族を愛し、育て、養い、生きていきます。

 

自然界は、あるいは時間の連続的な永遠とも思える流れは、人に、子孫を残せるよう自らが食料を調達できるよう長距離を移動できるよう二足歩行を与えました。

 

森から出て、狩りに出かけるに十分な移動手段を与えたのです。

 

四足動物と人とを比較すると、脳の大きさや、頭部と顔面部との容積比が違いますが、これとて二足歩行を達成した際のバランスシステムによって変化したもので、それゆえ、二足歩行によって人が全身の形態を変化させたのです。

 

二足歩行を決定するに大きく役割をもつものはバランスシステムであり、脚のバランスシステムを担っているのが、ジャイロのような動きをする寛骨、すなわち骨盤です。

 

骨盤は二足歩行にとって欠く事のできない形状をしています。

 

この骨盤が二足歩行において正しく動き続けることを、自然界が求めているのです。

 

古くから、現代医学とは異なる枠組みの中で、骨盤には療術が加えられてきました。

 

長い時代の、歴史の中で、先人たちは気づいていたのです。

 

ところが、現代医学においては、骨盤について何も学問がありません。

 

腰椎については言及しますが、骨盤については言及しません。

 

先人たちが気づいてきたことに未だ目を向ける気持ちはないようです。

 

しかし、私たち施術家は、施術のみによってしか人の身体にアプローチできません。

 

であるからこそ、真の身体の理解がないと結果に結びつかないのです。

 

歩く事が少なくなった現代人は、このまま二足歩行を止めてしまうのでしょうか。

 

歩く事が少なくて骨盤が退化して症状がでているのを、そのまま見過ごして、投薬や手術的な方法にいきなり飛んでしまう現代医療にどのような未来があるというのでしょうか。

 

複雑で高度でお金のかかる医療が、歩くということでどれだけ効率よく回り始める事かと考えるのは、私だけではなく多くの施術家の思うところだと信じます。

 

ご拝読、ありがとうございました。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし