脊柱管狭窄症の改善方法

目次

1、脊柱管狭窄症の症状

    間欠性跛行について

    障害している神経

 

2、脊柱管内部の状態とその原因

    脊柱管内部の状態

    脊柱管狭窄症の本質的原因

 

3、改善する為に行うこと

    やっていくこと

    施術と治療期間

 

当院の改善法

1、脊柱管狭窄症の症状

間欠性跛行について

しばらく歩くと、腰や足に痛みやしびれがおこりとても歩けなくなり、どこかに座って腰を丸くしてや休んでいるとまた歩ける。これを間をおいたらまた歩けることから「間欠性跛行」と言い、間欠性跛行は、脊柱管狭窄症の方に出る歩行時の症状です。

 

脊柱管狭窄症の症状は、脊柱管という円筒状の脊椎構造において、経年の気質変化により円筒内部が狭窄していく過程で、神経の根もと周辺および馬尾神経周辺で、圧迫性の神経伝導障害および血流障害が起こるとされています。(圧迫ということには、当院は異論がありますが。これについては後ほどご説明します。)

障害している神経

 

この際障害を受ける神経の部位は、

➀馬尾神経束自体

②末梢神経根

です。

 

馬尾神経束が障害をうけると多様で広範囲な症状になるのに対し、末梢神経根が障害を受けた場合は、片側性(左右どちらか)に対して、痛みやしびれが発生します。

➀と②が混じっておこると大変重い症状となります。

2、脊柱管内部の状態とその原因

脊柱管内部の状態

神経圧迫が起こっているとされる内部状態

 

脊柱管内部では次のようなことが起こっているとされます。

➀椎体変位による圧迫(椎体=腰椎の一個一個の骨)

②椎体および椎間板の圧縮変形による圧迫

③後縦靭帯、黄色靭帯の肥厚による圧迫

④脊柱後方成分である関節や椎弓骨の変形や関節包の肥厚による圧迫

⑤すべり症による椎体の『地すべり現象』による圧迫

⑥これらの複合

です。

 

①は椎体変位はいわゆる骨の横径の位置異常であり、身体バランスの不安定により椎体が脊柱管に対して水平方向に延長させる状態です。変位していなくても、②椎体や椎間板の脱水、溶解により椎体が重力に耐えられず潰れた変形や、③椎体・椎間板接合部へのけん引作用による骨棘形成(骨のとげの発生)のためにこの部で椎骨と椎骨を華僑する膨隆がおこり、これが脊柱管を狭めている状態。④脊柱管周りの靭帯が引っ張りへの代償として肥厚化して内径を狭めている状態。これらが上で挙げた神経圧迫が起こっているとされる根拠と考えられます。

 

しかし、これらの状態が実際に圧迫要素だけで、神経や血管に障害をもたらしていると断定してしまうのは如何なものでしょうか?なぜなら、神経は横からの圧迫よりも長軸方向への引っ張りによる障害性のほうがはるかに起こりやすく出来ているからです。これまで当院で、手術を受けるわけでもなく改善していった患者様たちを思うと、圧迫と思しき状態があっても、長軸方向へのけん引が解消されれば、脊柱管狭窄症の症状はかなり軽減されるものと考えられます。(軽減どころか、症状消失して行ったのですから・・・)

脊柱管狭窄症の本質的原因

もう一度、脊柱管狭窄症の方の脊柱管内部を見てみましょう。椎体の変位、椎体および椎間板の圧縮変形、管内壁を一部構成する靭帯の肥厚、管内壁後方成分の骨変形や関節包の肥厚などなど・・・

 

これらは、どれもが、重力の作用によって押しつぶされるという負の作用を柱の成分を一つ一つ積み上げて重力に応ずるという脊柱の性質を損ねてしまったことで起こるものばかりです。柱の成分の変位しかり、柱の成分の圧縮しかり、靭帯や関節包が重力の働きを受けるのではなく反対に、けん引されて障害するのを肥厚によって逃れるための変化しかりです。すると、脊柱管狭窄症を作り上げている本質的な原因とは、重力に打ち勝って身体をしっかりと支えることをしない習慣から起こっているとは思いませんか?

 

確かに、脊柱管内変形をはじめとして、これらの変化は加齢要素もありましょう。しかしながら、全ての脊柱管内変形をお持ちの方たちが脊柱管狭窄症の症状を出しているわけではありません。その方たちは、このような変化が起こりやすい世代にあっても、重力の打ちかつ勝つ正しい姿勢や、重力を上手くコントロールできる人に生涯備わっていく動作が身についている人々です。歩く習慣が普段の生活にきちんとあって(ご先祖からの進化を骨の変化で見てみると、歩く事で、ヒトが重力に打ち勝つ身体を作り上げてきたことが解析できています。)、いくらでも予防していくことができるのです。一言に老化現象で片付けてしまうには、あまりに問題であると言えなくないです。たとえ画像診断上の状態が脊柱管を狭窄していても、そのことが直ちに脊柱管狭窄症を意味するのではありません。

 

脊柱管狭窄は、これまでの身体の使い方や過去の腰やその他で起こったことを起点として重力に打ち勝つ身体を長い歳月をかけて失ってきた課程です。大変長い歳月をかけて形成されますので、治療によってリモデリング(再建)させて行くのに、早くて6カ月以上の時間を要します。ですが、治療していかない限り改善はしません。改善までに1年以上かかると考えてください。

3、改善の為にやること

やっていくこと

改善させるために行うことは、

➀根本原因の除去(疾病形成因子除去)

②歩行の練習(少しずつ距離を伸ばしていきます)

③器質変化促進(リモデリング:変化してしまった変形や肥厚を不要として吸収させていきます)

④平癒

です。

 

病変を作ってしまう直接原因である関節不安定を根本から改善させなければなりません。脊柱関節を不安定にしている状態というのは、関節に正しい荷重をさせていないということです。関節に正しい荷重をさせてないとは、関節が離れる状態をいいます。不良姿勢をしているとき、関節は不安定に離れてしまっています。関節が上手く収まっていない状態です。

 

しびれは圧迫と言うより、けん引による要素が大きい状態で起こっています。圧迫だけでは神経のしびれは起こりません。まずは、けん引されてしまうような身体の使い方を改善していきましょう。しっかり荷重することと、体全体をしなやかに動かせるよう、動きの起点や支点となる場所、上肢下肢の使い方に注目してやっていきます。

 

経過の最終段階では、肥厚や変形の進行を止め、異物分解、不要骨吸収を促進させ、平癒を待ちます。

施術と治療期間

施術は、徹底的におかしくなっている荷重関節、特におおもとの仙腸関節(骨盤)に対して悪い状態を取っていきます。

脊柱関節に対してもこれを行います。そして、股関節という仙腸関節と直接連動する関節の動きもチェックし、股関節と連動している反対側の肩関節、ここに影響を与えている上肢、頚椎もチェックし、必要な施術処置あるいは改善のためのアドバイスを行います。

 

関係筋膜へのアプローチも行い、全身の動きがスムーズになるよう各種体操をお教えします。

 

施術は、段階的に行い、状態を見ながら計画してしていきます。平癒に至るまで、6ヶ月~1年をかけた長い期間の加療が必要となります。ご相談しながらやっていきましょう。

当院の改善法

施術の様子

現在の症状に至った経過に沿って、3STEPで施術を行っていきます。

STEP1

症状を作り出した原因を問診や検査で探り出し、その要因となるものを排除していきます。この段階は、あくまでも生活習慣の見直し、悪くしているものを除外する段階です。

STEP2

STEP1の部分の疾病形成因子(症状を作ってしまう要因)を排除しつつ、骨盤を土台とした“正しく歩ける体”を作っていきます。狭窄症の治り方は10分しか歩けなかった歩行時間が15分、20分と伸びていくような改善の仕方で少しずつ歩けるようになってきます。

STEP3

STEP1とSTEP2で改善する過程を作りましたので、さらに歩行ができるように生理潤滑理論に基づいた骨トレで動ける体を作っていきます。STEP2までで狭くなった部分を修復しようとする力『リモデリング』が働く環境を作ったので、さらにその働きが加速するように必要な骨トレや施術を行っていきます。

以上のように段階的に正しく歩ける体を作っていくことが必要です。

狭窄症の治療は早くても3〜6ヶ月ほど施術期間が必要になるケースが多いです。脊柱管狭窄症の本質的な原因は「歩行機能の喪失による組織の変性」であり、使われなくなった身体のはたらきに合わせて起こる身体の変化なのです。なので、歩行機能の改善に時間がかかる場合は、いい状態が保てるまで半年から1年近くかかることもあります。しかし、身体の構造や動きを理解し原因に対してしっかりとアプローチすることで元の痛みなく動ける体へと改善していきます。

当院の最善の改善法で、あなたの本来ある未来を取り戻すお手伝いをさせていただければと考えております。

諦める前にご相談下さい。