産後の骨盤の改善方法

悪い骨盤が引き起こす症状

骨盤の問題により、筋肉や内臓、ホルモンバランス乱れなど様々な機能低下が起こってきます。

 

・体重が減りにくくなる

・お尻のお肉が垂れてくる

・筋肉が硬くなり腰痛になる

・便秘を引き起こします

・尿漏れ、キレの悪さを起こします

・血圧の数値が変化しやすくなります

・産前、産後の日常生活の指導不足による産後太りや体質変化

・ピラティス、ヨガなどによる腰痛、膝痛

・逆流性食道炎やストレートネックのきっかけにもなります

・股関節痛や変形性股関節症

・生理痛、生理不順、PMS

・頭痛、めまいの増加

骨盤の施術をするメリット

・上記の問題を起こすリスクを取り除けます

・代謝が上がり、冷え性防止に役立ちます

・身体の柔軟性が向上します

・代謝をUPして減量しやすくなります

・婦人科系疾患の改善のきっかけになります

・昔のパンツがはけるかも

・怪我をしにくくなります

なぜ、骨盤が悪くなるのか?

1.骨盤力の低下

当院では、骨盤は歩行によってしか鍛えることができないと考えています。近代文明の発達により私たちの生活はとても便利になりました。昔なら歩いていた距離も、私たちは自転車や車を使い移動します。そのため、昔の人に比べると歩行量は圧倒的に少なくなってしまいました。またソファーやベッドなど生活様式の欧米化が進み、立ちしゃがみ、中腰姿勢などの回数も減ったことも原因の一つと考えています。

 

2.産前・産後の指導不足

昔は当たり前だった産前・産後の生活指導がなくなってきています。核家族化のため、おじいちゃん、おばあちゃんから話を聞く機会がないため、いつぐらいからサラシを巻いたらいいのか?いつまで安静にしたらいいのか?何を食べたらいいのか?などの良い情報が受け継がれなくなっています。その結果、安静にすべき期間に旅行に行ったり、身体を冷やす食べ物を食べたり、トコちゃんベルトで骨盤を変に締めすぎたりと骨盤にとってよくないことを知らずに行ってしまっているのを多く見受けられます。

 

3.施術家が悪くしている

女性には大きく骨盤が変化する時期が3つあります。

「初潮期」「出産期」「閉経期」

この時期の骨盤はすごくデリケートになっています(初潮期のハードな運動による骨盤内へのダメージの蓄積は後々影響してくるので気をつけて下さい)

この3つの時期にやってはいけない施術をすると骨盤のバランスが大きく崩れます。特にバキバキしたり、グイグイ指圧する施術はかかってはいけない力が大きく加わるので要注意です。残念なことですが、やっていい施術と時期をしっかりとわかっている施術家が少なくなっているのが現状です。

当院での改善法

施術の様子

当院は、本来の健康的な骨盤が作られるためには正常な歩行(生理歩行といいます)が必要と考えています。

なぜなら正常な歩行を続けることで、骨盤や各関節内に油が潤滑していき、きちんと回復する身体が作られていくからです。ですから本来、連続歩行で得られるような力を施術によって骨盤や関節、筋肉などに与え、正常な形や機能の改善へと導くお手伝いをします。あなたはできる範囲で歩くことをはじめていただければ大丈夫です。また、お身体の状態に応じて家でも簡単にできる当院オリジナルのトレーニング法もお伝えしていきます。

歩行やトレーニングを通じてあなたの不安解消、やりたいことをできるようになるために一緒に頑張っていきましょう。