ブログカテゴリ:膝痛



日常生活指導 · 26日 10月 2018
宇宙飛行士が地球に帰還後、相当な時間をかけて、地球の重力環境に耐えられるようリハビリを受ける話は有名です。 どれだけ宇宙船打ち上げに向けてトレーニングをしても、期間後はやっぱり地球の大きな重力には耐えれない体で戻ってくるのです。宇宙飛行士でなくとも、例えば入院などで何週間もベッドに寝かされたままの状態が続くと私たちの体は筋力が低下し、寝ていない状態での活動がいかに私たちの筋力を作っているかが分かります。
治療 · 11日 10月 2018
膝の痛みが改善しないとお悩みの方は多いようです。 治療にかかっていても膝がよくならない理由は、膝だけ治療しているからです。 膝が痛む、膝が変形する、半月板損傷の痛みが再発する、、、 その原因は膝そのものではなく、膝以外の場所に主な原因が存在するものですが、どこに原因があるかを見極め、どういった方法で本当の原因部分を解決していくかが大変難しいのです。 どこに原因があるか分からないから何でもやってみよう・・・ これはいけません。 なぜなら、かえって不安定な膝になってしまうからです。
日常生活指導 · 17日 3月 2018
正座は、膝に悪いという意見も聞こえてきますが、膝への悪影響は、足首、股関節、骨盤という脚全体のうちの支持関節の不安定の具合に大きく左右されるのですから、正座で悪くなるということはありません。
日常生活指導 · 06日 3月 2018
膝や腰が痛くて整形外科や整骨院へ行くと、「筋肉をつけて足を強くしましょう」「背筋、腹筋をつけて腰の力を強くしましょう」ということを先生から言われることがよくあります。私も筋肉の力は必要な分だけはあったほうがいいと思います。 しかし、筋肉の力以上に必要なのが、骨の力だということを忘れてはなりません。骨と筋肉はいつも一緒に考えなくてはなりません。
日常生活指導 · 03日 3月 2018
階段は、なるべく使って足腰を鍛えるようにしていますという方が結構いらっしゃいます。鍛えるために・・・というのが根拠ですよね。わかります、階段を上るほうでは、私もそう思います。でも、降りる方は、私はちょっとどうかと思うんです。なぜなら、どこまで鍛えるのかという事を考えると、人に必要な強さまででよくて、それ以上に鍛えようとしても、かえって傷めるというリスクが生じるからです。
日常生活指導 · 01日 3月 2018
アイシングは慢性期の膝関節傷害においても有効である
学問 · 13日 2月 2018
膝を含む足全体の役割が移動のためにあると考えれば、移動の時の動きが上手くできるように施術していこうという施術の方針が生まれる
治療 · 09日 2月 2018
足は体重をかけてこそ、健康状態を維持することができる