ブログカテゴリ:生命



学問 · 19日 12月 2018
空気が密度を持ち、私たちはその空気の中にあって、私たちももまた密度を持っています。空気も私たちも分子で構成されており、重力によって地球の中心に引き寄せられています。したがって、私たちは自分の体重を支えるだけの強さと大気圧に耐えるだけの体表面の強さを持ち合わせていなければなりません。これに加え、私たちの体は空気より高い密度を持つため、中心へ向かって集まる力を自然に持ち合わせているはずなのです。
17日 12月 2018
私たちの体は外の世界より密度が高いです。この密度を閉じ込めているのが皮膚であり粘膜なのですが、単純に皮膚と粘膜だけで密度を閉じ込めているのは大変難しいと考えられます。中心に向かって集まっている力が働いていることが考えられます。このことを内に向かって包まれている力と書いて「内包力」と言いますが、この力が働いていないと、体は膨張してしまうはずです。骨組みや筋肉を注意深く観察しますと、この内包力が上手く起こるような形状をしていることが分かるのですが、更に言うと、骨組みや筋肉が内包力を最大に発揮しているときは歩いているときだと予想されます。
日常生活指導 · 12日 12月 2018
生理的という言葉があります。 文字通り、「生命のことわり」のことです。 私たちが生を受け生を終えるまで、私たちが健康でいられるためには、体にとって良きことを続け、悪しきことを行わないことが重要です。
日常生活指導 · 04日 7月 2018
健康法の第一は、体を損なう原因をはぶくことにあります。まず、体を悪くしている原因があれば、それを止めることが第一です。内的なものは、とかく本人の欲から生じるものがそのような原因となりやすいです。外的なものは、生活環境です。欲で代表的なものは、食欲、睡眠欲、性欲です。どれも、旺盛ではいけません。
日常生活指導 · 27日 6月 2018
免疫と聞くと皆さんは、何を思いますか?病気にかかったとき、病原菌やウィルスを撃退するものと思われることでしょう。免疫は、具体的には、白血球の事を言います。白血球が病原菌やウィルスを殺すという事です。そのとおりです。ですが免疫力を上げるといった場合は、話は違ってくるんです。
日常生活指導 · 14日 6月 2018
米国対がん協会が2012年にまとめた癌体験者の食事と運動に関する最新の研究報告では、 1、生涯を通じて、健康的な体重へ減量し、その体重を維持しましょう。 2、定期的に運動しましょう。 3、植物性の食物に重点を置いた、健康的な食事をとりましょう。 4、飲酒する場合は、量を制限しましょう。としてあります。
日常生活指導 · 06日 6月 2018
梅雨は、北からオホーツク海高気圧、南から太平洋高気圧がグーンと迫ってきて、間に挟まれたところが上昇気流を発生して大気の上空で冷やされ、雨雲を発生させます。そもそも、太平洋高気圧が湿気を持っているので、雨雲の発生が加わり、たいへん湿度が高い状態になります。湿度が高いと、人の体は体内で発生する熱、動いて発生する熱を体外に放熱することが難しくなります。体には熱がこもり、そのことが原因で様々なトラブルを起こします。炎症の前段階は熱のうっ滞です。すると、湿気が多い時間が長くなると、単純に熱のうっ滞が進んで炎症が起こってしまうことが考えられます。
日常生活指導 · 26日 5月 2018
知っていると、知ってないとで、体を壊す云々が起こってしまうわけです。こうしたことは、心臓の話だけではありません。腰痛が起こる原因、首を悪くする原因が日常生活のどういった習慣に起こるのか、知っていないと、本当の改善は目指せません。
日常生活指導 · 06日 3月 2018
膝の痛みが不安ととらえるか、自分の身体という全体についてが不安ととらえるかによって、健康管理が全く異なるのです。
日常生活指導 · 23日 2月 2018
心臓、肺、すい臓、大腸小腸、胃、肝臓、胆のう胆道、胸部・腹部大動脈・・・いろんな内臓の病気による体の痛みがあります。

さらに表示する