腰痛を改善するには、腰の役割と機能を知って取り組まなければなりません。

 

痛みは感情に訴え、冷静な分析を誤ってしまいます。

 

役割と機能に従い、それぞれに応じて起こっている問題点をつぶしていくことで、長年の積み重ねによる現状を解決していくことができます。

 

まず、激腰痛(ぎっくり腰など)から慢性腰痛への移行までの経緯を見ていきましょう。

 

①激症段階(急性期)

骨がどうにかなっているのではと思うような腰痛の言葉では済まされない痛みをかかえます。動作することも痛みのために行えず、寝返りさえできず身をどのように置いていれば痛まないかとそればかり考え、歯を食いしばっている状態です。動作に対する工夫もわずかには知っていきますが、微々たるもので、肉体的、精神的にひどく消耗します。この激烈な痛みは、高度な炎症によるもので、3~5日続きます。

②炎症後退段階(亜急性期)

何とか動けるようになりますが、腰の痛くない在りどころを探すような体制で体幹を変形させています。炎症部に負担がかからないような体勢を取るため、炎症は後退しはじめているものの変形させた状態で動くため、紛らわしい他の部位の痛みが出始めます。発症後、2週間でこの段階を終えます。

③高原性経過段階(発症後、6カ月)

腰痛への対策の良し悪しにより、6カ月を超えて長引く場合もあります。いわゆる慢性腰痛の状態です。正しい対処のしかたにより生涯腰痛に悩まされる体になるかどうかが決定してしまう大事な段階とも言えます。

④治癒段階(6カ月経過後)

これまでの腰痛対策の良し悪しによって先送りになってしまったり、このときが音連訪れなくなってしまいます。正しい対策を身に着けていけば必ず訪れます。

 

対応のしかた

①の激痛段階においては、むやみな施術は禁忌です。高度な炎症が起こっている段階なので入浴は厳禁です。アイシングによる炎症除去作業と骨盤を中心とした患部の保全ということに徹し、安静第一です。これを鎮痛剤などにより強引に痛みを取って、動けるようにしてしまうと本当の患部の治癒メカニズムに入れず、かえって慢性腰痛への移行が約束されてしまいます。対処において、特に保全の概念は重要で、ヒトの生理性を保全しつつ患部の保護を行うには、さらしの着用が最適です。これは、腰の構成要素として土台となる骨盤と股関節を支持するからであり、コルセットでは叶いません。さらしの巻き方も骨盤と股関節を含む範囲であるため要領が必要です。

②から徐々に施術を始め、できることからケアを始めます。ケアといってもできる運動療法は、極めて原始的動作であり、むやみにストレッチなどを行うのは関節不安定を作る要因となってしまいます。状態を見て、入浴は相変わらず禁止し清拭(濡れタオルで体を拭く)から入浴許可へ移行していく段階ですが、長風呂は未だ厳禁です。

③からは、先は生活環境を見直し、徐々に歩行を取り入れ、段階に応じて体操を行っていきます。施術は関節への潤滑形成による動作改善を主体にヒトとして当たり前の体づくりのきっかけを作っていきます。

 

すべての腰痛において仙腸関節にトラブルが存在します。仙腸関節とは、動きの中で下肢の支持伝達を上位体幹支持へ連絡していく関門トンネルですが、この部に障害があるということは、下肢の支持が力が上手く腰椎より上に伝えられないことにより、他の支持組織である筋力の動員が必要となり、多大な腰部の負担を受けるために、腰が張る、筋肉が痛い、緊張してるということが起こります。

 

内圧も上昇し、さらなる悪化を引き寄せてしまうため、各段階において常に安定した支持姿勢の獲得と維持を心がけていなくてはなりません。そのため、初期からさらしによる仙腸関節のサポートは必要で、さらし離れのタイミングも絶妙な判断を必要とします。

 

高原性経過段階のの全過程において歩行による仙腸関節のリモデリングは大変重要となります。仙腸関節の動きには歩行メカニズムが本来プログラミングされているのも関わらず、それとは異なる動きをしてしまうことが、仙腸関節のトラブルだからです。

 

尚、こうした対応で行うからこそ、正常化ということが起こりうるのに、痛みを止めることに専念するあまり、マッサージなどの慰安的行為を行ってしまうと、腰椎などの骨周辺の補助的支持組織である筋肉の細胞内脱水が起こってしまい、筋肉の繊維化という状態を引き起こしてしまいます。

 

かちかちの筋肉、脆弱な筋肉、どちらも本質的に同じで骨に支持を上手くサポートできません。こうしたことがいわゆる慢性腰痛の中身であり、生涯マッサージを繰り返さなければならないという状態になってしまうのです。歩行を中心としたリモデリングは、腰痛を改善していく最短のコースです。

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし